ホーム | コラム | オーリャ! | 仏壇に供える朝一番のコーヒー

仏壇に供える朝一番のコーヒー

 文協で「移民の日」に行われた開拓先亡者法要では、今年はお供え物が餅からコーヒー豆に変わった。これは、仏教連合会内の準備会議で、コレイア教伯会長が発案したとのこと。
 コレイアさんにその理由を尋ねると、「初期移民はコーヒー農園で働くための渡伯でした。開拓者先亡者慰霊法要ということで、その想いを偲ぶには、もちろんお米、お餅も良いですが、ブラジルの日常でよく頂くのは、やはりコーヒー。仏壇に朝の一杯目のコーヒーをお供えする家庭の方が多い。たまにはやり方を変えるのも良いですよね。好評でした」と笑いながら答えた。
 文化は育った土地や時代による規則や扱い方がある。先亡者を供養する想いを大事にし、現地の人の感情にしっくりいくやり方に変える。この〃変える〃けど変えすぎない発想が絶妙だと感心した。なお、仏壇に供えられた約60キロは、法要後、福祉団体に寄付された。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の日行事に若い人も参加してもらおう!2017年6月23日 移民の日行事に若い人も参加してもらおう!  「年々参列者が減ってきている」―。今年で109周年目を迎え文協で開催された「開拓先没者追悼法要」で、参列者からはそんな寂しい声が漏れ聞こえた。  参列者の顔を見れば各日系団体で要職に就いている言わばお馴染みの顔ばかり。若者の姿は指で数える程度で、コロニア中枢の人のみが参加す […]
  • コラム オーリャ!2013年6月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年6月25日  本紙15日付「移民の日の特集号」で取材した岸本アレシャンドレさんは日本語を話さず、コロニアとは距離を置いた少年期を過ごしている。 […]
  • コラム オーリャ!2013年6月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年6月20日  文協であった移民の日の追悼法要の参拝者は約2百人程度。先日、高知県人会の慰霊祭で関係者が「高齢で来たくても来られない人が多い。子どもも関心がない」と漏らしていたが、ここでも同じ状況に直面している。 […]
  • コラム オーリャ!2013年6月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年6月13日  子どもの頃、大して意味も分からないまま、祖父母の真似をして仏壇に向かって拝んだ。しかし大人になり、「死んだ人間が仏壇なんか気にかけるわけがない。供養は死者よりも、生きた人間の気持ちの整理のため」と考えるようになった。 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。サンパウロ市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼び […]