ホーム | 日系社会ニュース | 復興の思い、卓球台に込め=リオ大会、岩手のブナ使用

復興の思い、卓球台に込め=リオ大会、岩手のブナ使用

 【共同】卓球台を支える脚部に岩手県産のブナ材を使い、東日本大震災からの復興に取り組む東北の思いを込めた。日本有数のメーカー「三英」(本社・千葉県流山市)が製作したリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの公式卓球台が7月上旬、現地に到着、来月には世界の舞台でお目見えする。社員たちは被災者の励みになってほしいと願っている。
 同社の卓球台が五輪・パラリンピックで採用されたのは1992年のバルセロナ大会以来。同社の吉沢今朝男工場長(48)は脚部を木製にした理由を「ブラジルは日系人が多く、日本とのつながりが深い。日本のイメージを強く押し出したかった」と説明する。木目をきれいに見せるよう工夫、曲線形にした。
 デザイン案を練っていた2011年3月、震災が起きた。みんなが卓球を楽しむはずの体育館は急きょ避難所になり、東北に納品予定だった卓球台は倉庫に残った。
 東北の木材が世界の舞台で使われることが、被災者の力にならないか―。そう考えた吉沢さんたちは、岩手県宮古市産のブナを脚部の素材に選んだ。ブナは粘りがあり、曲線に加工するのに優れているという。
 台には英語で無限を意味する「インフィニティ」と名付けた。世界最高の舞台では、選手だけでなく用具にも無限の可能性が広がっているとの気持ちを込めた。「子どもたちが『あの場所でプレーしたい』と思うような、世界の舞台にふさわしい台になっているといい」と吉沢さんは言う。
 五輪・パラリンピック期間中は社員が会場に出向き、練習中や試合中に台が欠けたり、高さがずれたりした時のメンテナンスを受け持つ。吉沢さんは「今回の経験を4年後に生かしたい」。既に20年東京大会を見据えている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」2018年7月20日 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」  【リオ発=國分雪月記者】とうとうブラジルに眞子さまがご到着――18日午前5時にリオデジャネイロ(以下、リオ)市の国際空港に到着された眞子さまは、午後からリオ植物園、コルコヴァードのキリスト像に足を運ばれた。その後、リオ日系協会(松浦實(みのる)会長)の会館で行われたブ […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]
  • リオ五輪警備態勢強化へ=日系社会の応援にも影響2016年7月19日 リオ五輪警備態勢強化へ=日系社会の応援にも影響  【リオデジャネイロ共同】フランス南部ニースで起きたトラック暴走テロを受け、8月にリオデジャネイロ五輪を迎えるブラジルの治安当局は15日、警備態勢を強化する方針を明らかにした。一方、リオデジャネイロの日系人団体などは15日、計画していた五輪の女子マラソンの応援を中止することを決 […]
  • リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬 2016年7月13日 リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬   最近の日本の報道を見ていると、リオ五輪を「リオでじゃねえよ」というような冗談で、ことさらに「開催危うし」また「リオは犯罪都市で危険」というニュースが多いように思われます。私のようにブラジルに帰化し、当地で生活する日系人としては非常に残念な思いに駆られます。 移住2年後、兄のコ […]