ホーム | 日系社会ニュース | 競泳、二枚看板そろってリオ入り=萩野と瀬戸、決戦ムード

競泳、二枚看板そろってリオ入り=萩野と瀬戸、決戦ムード

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを争う萩野公介(東洋大)と瀬戸大也(JSS毛呂山)が7月29日、そろってリオデジャネイロ入りした。別々に強化してきた二枚看板は約2カ月ぶりの合流。いよいよ8月6日(日本時間7日)の決戦に向けたムードが高まってきた。
 5月下旬に日本を離れて欧州で実戦と合宿を重ねてきた萩野は、リオの国際空港に降り立つと笑顔で到着口に姿を見せた。高校3年生で銅メダリストとなったロンドン五輪から4年。「五輪独特の雰囲気を味わいながらレースまで準備したい」と2度目の余裕も感じさせる。30日から本番会場で最後の仕上げに入る。
 米国を中心に練習してきた瀬戸は25、26日に一度リオ入りした後、直前合宿地のサンパウロに戻り、再びリオに乗り込んできた。ロンドン五輪を逃した男にとって、待ち焦がれた大舞台。本番会場に入ると、ぐるりと観客席を見渡し、知り合いの海外選手を見つけては握手、談笑。1時間半ほど軽めに泳ぎ「プールの印象はいい」とうなずいた。
 ともにほどよく高揚した雰囲気で、表情には自信が漂う。萩野は「大也と競ることになると思うし、そのために準備してきた」と宣戦布告し、瀬戸は「公介も順調だと思うが、自分は自分。2人で楽しみたい」とレースを待ちわびた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]
  • リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬 2016年7月13日 リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬   最近の日本の報道を見ていると、リオ五輪を「リオでじゃねえよ」というような冗談で、ことさらに「開催危うし」また「リオは犯罪都市で危険」というニュースが多いように思われます。私のようにブラジルに帰化し、当地で生活する日系人としては非常に残念な思いに駆られます。 移住2年後、兄のコ […]
  • 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」2018年7月20日 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」  【リオ発=國分雪月記者】とうとうブラジルに眞子さまがご到着――18日午前5時にリオデジャネイロ(以下、リオ)市の国際空港に到着された眞子さまは、午後からリオ植物園、コルコヴァードのキリスト像に足を運ばれた。その後、リオ日系協会(松浦實(みのる)会長)の会館で行われたブ […]
  • 移民110周年=眞子さま、ぶじにリオご到着!=元気にコルコヴァードの丘ご訪問=本日パラナ州ロンドリーナへ2018年7月19日 移民110周年=眞子さま、ぶじにリオご到着!=元気にコルコヴァードの丘ご訪問=本日パラナ州ロンドリーナへ  眞子さまは18日午前、リオデジャネイロに無事ご到着された。30時間近い長旅にもかかわらず元気そうなご様子を見せ、午後からはさっそくブラジル屈指の観光名所であるコルコヴァードの丘、ジャルジン・ボタニコ(植物園)をご訪問された。その後、リオ日系協会会館で開催された記念式典 […]
  • リオ州=黄熱病のワクチン接種義務化=同州での感染増加を受け=8日から住民へ接種開始2017年7月5日 リオ州=黄熱病のワクチン接種義務化=同州での感染増加を受け=8日から住民へ接種開始  リカルド・バロス保健相は3日、リオデジャネイロ州全体が恒常的に黄熱病予防ワクチン接種推奨地域になったと発表したと3、4日付現地紙・サイトが報じた。  これにより、リオ州内にある92の自治体の全てで、住民に予防ワクチンの接種が義務付けられる。ワクチン接種はリオ州に旅行 […]