ホーム | イベント情報 | 長崎と被爆者協会=追悼法要6、7日に=スザノ、サントスでも

長崎と被爆者協会=追悼法要6、7日に=スザノ、サントスでも

 ブラジル被爆者平和協会(森田隆会長)は6日午前8時から、恒例行事『原爆追悼慰霊法要』をサンパウロ市西本願寺(Rua Changua,108)で、7日午前8時からは長崎県人会と共催で、『長崎原爆犠牲者追悼慰霊ミサ』をサンゴンサーロ教会で行なう。
 最大で270人ほどいた在伯被爆者も、現在では100人程度。同会の盆小原国彦副会長は「原爆投下から71年経ち、在伯被爆者も減少している。平和を願う多くの人に是非参加して欲しい」と呼びかけている。
 なお長崎県人会は別途、次の行事に参加する。▼9日午前9時、サントス市核兵器廃絶の日の集い、ロベルト・サンチーニ公園(Av. Pres. Wilson, s/ nº)▼同午前10時、原爆犠牲者慰霊式、サンパウロ州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, 201)▼21~28日、原爆写真展、スザノ日伯学園(Rua Dibe Tanus, 535)

image_print

こちらの記事もどうぞ