ホーム | 日系社会ニュース | ビジネスコラム=PwCブラジル=第11回=SISCOSERVについて=矢野クラウジオ(タックス・ディレクター)

ビジネスコラム=PwCブラジル=第11回=SISCOSERVについて=矢野クラウジオ(タックス・ディレクター)

SISCOSERVのサイト

SISCOSERVのサイト

 SISCOSERV(サービス、無形資産及び法人の持分変動を生成する取引における国際貿易に係る統合システム)は、サービスや無形資産に関連する公共政策を改善するために連邦政府によって作成されたオンラインシステムであり、税務調査などに関連したブラジルの国税庁などの官公庁によって使用される他の電子システムに情報を提供するものです。
 そのため、サービスおよび無形資産の取得または売却に係る契約書等を識別し、サービスの進捗や関連する債務などについて、その契約日からSISCOVERVで要求されているデータを登録する必要があります。
 法人の場合、異なる部門でさまざまな取引が行われることから、それらの情報を集中管理し、SISCOSERVへ報告する必要があり、これが重要なチャレンジになると思われます。
 最近、国税庁は輸出入に係るクロスボーダー貨物が含まれる契約書のSISCOSERVへの報告義務について、多くの規則を発行しました。多くの企業が国税庁によって調査を受けています。
 法人の場合、遅延、省略、不正確または不完全な情報に係る罰金は次のとおりです。
▼即時の提示―期日経過後に情報を提供した場合、月500レアルから1500レアルまたは遅延の期間割合の金額を元に算出した金額。
▼情報が省略、不正確または不完全のまま提示した場合、取引額が100レアル以上の場合、取引額の3%。
 私たちの経験では、多くの企業が未だSISCOSERVへの報告を開始しておらず、税務調査され、ペナルティを課されるリスクを負っています。国税庁は既にこれらの取引の有無に関するさまざまな情報を保持しており、SISCOSERVレコードのデータをクロスチェックすると考えられます。
(※この記事は、ブラジルにおける法令等の改正動向等をお知らせするため発行されたものであり、一般情報の提供を主たる目的としていますので、個別ケースに対する専門的アドバイスとして、ご利用頂けない場合がございますのであらかじめご了承下さい)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年3月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月25日  改修に向け、ようやく動き出した文協。体育館は夕食会場としても利用できる多目的ホールへ向けて床、天井を張り替え、観客席も取り払うような大掛かりな工事が行われそう。用途を増やし、収入増を期待しているという。昨年12月の評議員会では、体育館改修 […]
  • サンジョゼ校〃開校〃へ=裁判所の仮判決受けて2006年12月22日 サンジョゼ校〃開校〃へ=裁判所の仮判決受けて 2006年12月22日付け […]
  • 真相究明委員会=1年間の調査結果を発表=93年の海軍の報告に疑惑=AI—5の前から拷問あった=恩赦法見直しの行方は?2013年5月23日 真相究明委員会=1年間の調査結果を発表=93年の海軍の報告に疑惑=AI—5の前から拷問あった=恩赦法見直しの行方は? ニッケイ新聞 2013年5月23日  開設から丸1年となった真相究明委員会が、21日にこれまでの調査結果を発表し、1993年に海軍が行った行方不明者の報告に虚偽があったことなどを公表した。同委員会は、1979年の恩赦法の見直しと拷問を行った軍関係者の処罰を求める可能性も示唆した […]
  • 「スピコン、弁論大会」を開催=県連、日語センター共催で2012年9月20日 「スピコン、弁論大会」を開催=県連、日語センター共催で ニッケイ新聞 2012年9月20日付け  県連・ブラジル日本語センター共催による『第6回弁論大会』『第33回スピーチコンテンスト』が23日午前9時半から、広島県人会館(Rua Tamandare, 800, […]
  • 大耳小耳2014年11月7日 大耳小耳  2年前に日本査証申請センターが開設した直後1カ月間の申請数はわずか60件だった。「この数字じゃ採算が合わず、高額家賃や職員の給料が払えないのでは」という指摘が当時聞かれた。現在の申請数を尋ねても、なぜか「教えられない」との返答。もし今も申請数が少なくて、旅行業務に力を入れ […]