ホーム | 日系社会ニュース | サウーデ文協=家族慰安運動会

サウーデ文協=家族慰安運動会

2007年8月7日付け

 サウーデ文化体育協会(桂川富夫会長)は十九日午前八時から沖縄文化センター(ジアデマ市セッテ・デ・セテンブロ街1670番)で「第三十七回家族慰安運動会」を開催する。
 毎年千人ほどで開催している恒例の同運動会には、同協会の約十五部から多くの人が参加する。今年も百メートル競争や玉入れなどの競技に加え、ゲートボールや水運びリレーなど、大人から子供まで楽しめる競技が用意されている。
 桂川会長のほか、同文協から鈴木清・文化会会長、杉田典子・日本語学校長、学校部の松田ビアンカさん、小山さゆり・母の会代表、古賀オルガてるこ陸上部代表、古賀ダニーロ選手、古賀ケンゾウ選手らが案内のために来社。「誰でも参加ができるので多くの人が参加して、楽しんで欲しい」と呼び掛けた。
 問い合わせは同文協(11・5058・6958)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ