ホーム | 日系社会ニュース | 腰痛改善コラム=サムライの姿勢=メディカルトレーナー 伊藤和磨=(8)

腰痛改善コラム=サムライの姿勢=メディカルトレーナー 伊藤和磨=(8)

「膝の痛み」 1

 長引いた梅雨が終わり、ようやく東京も夏を迎えました。ヒートアイランド現象で、これから寝苦しい夜が続くことでしょう。
 リオ・オリンピックが開催して、ブラジルは大いに盛り上がっているようですね。
 さて、今回のテーマは膝の痛みについてです。40代の半ばから膝の痛みを訴える人がチラホラと増え始め、60代になるとか多くの方が経験される変形性膝関節症。その予防と改善の仕方についてお話しします。

【膝のトラブル】

 膝関節の周りには、ほとんど筋肉がないので「膝が凝る」ということありません。その代わり、関節周辺や関節内の痛み、膝全体のこわばり、膝が固まって動かせなくなってしまう「ロッキング」といったトラブルが発生します。
 なかでも、「変形性膝関節症」や「半月板の損傷」、「関節水症(膝に水が溜まること)」は、加齢による問題の代表格です。
 膝関節の構造と機能はシンプルであるため、レントゲンやCTスキャンなどの画像検査によって、ある程度は問題の場所を特定することができます。ですから、膝に違和感があったら、早めに受診しておいた方が良いでしょう。
 ただし、湿布と痛み止めだけでは根本的な解決にはなりません。膝を痛めてしまうような姿勢と動きを止めて、膝への負担を減らすことが重要です。

【どうすると膝を痛めるのか】

階段を降りるときに、膝に負担がかかりやすい。身体をすこし横向きにして降りると膝への負担が軽減する

階段を降りるときに、膝に負担がかかりやすい。身体をすこし横向きにして降りると膝への負担が軽減する

 どのような姿勢や動き方が、膝を痛める原因になるのか知ることは、治療方法の選択よりも価値があります。次の4つは、膝を痛める要因なので避けるように心がけて下さい。

①正座
②内股座り
③つま先よりも膝が前に出た状態でしゃがむ
④前かがみで歩く
⑤下り坂を走る

 ①正座は、膝関節に過度な圧をかけるだけでなく、膝下への血流を止めてしまうので、膝に最も悪い姿勢です。実際、昔の日本人は、正座をする機会が多かったため、膝のトラブルを抱えている人が大勢いました。
 ②女性に多くみられる内股座り。これは膝関節の内側に付着している靭帯を引き伸ばすストレスが持続的にかかるため、この座り方も良くありません。
 ③畳文化の日本人は、欧米人と違って膝から床につく身体文化をもっています。残念なことに、この動作が膝を壊す原因になるのです。深くしゃがむときは、膝とつま先の向きを揃えて、つま先よりも膝が前にでないように「出っ尻」にして行ってください。
 ④「前かがみ姿勢」のリスクについては、第6話でお話ししましたが、前かがみでの歩行は、膝へのストレスを増大させます。上体を起こして両肩を引き、踵から接地するように、ゆったりとした歩幅で歩くように心がけて下さい。
 ⑤下り坂を駆け下りることも膝を痛めます。感覚的には、登る方がしんどいわけですが、降るときの方が膝にかかる負担が大きいのです。これは階段も同じ。
 これらの事を気つけていれば、大事な膝を長持ちさせることができるしょう。

 

【プロフィール】

プロフィール画像伊藤和磨(いとうかずま)1976年7月11日生まれ 東京都出身 

メ ディカルトレーナー。米国C.H.E.K institute 公認practitioner。2002年に「腰痛改善スタジオMaro’s」を開業。『腰痛はアタマで治す』(集英社)、『アゴを引けば体が変わる』 (光文社)など14冊を出版している。「生涯、腰痛にならない姿勢と体の使い方」を企業や学校などで講演している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系人向け特別定住ビザを全世代に解禁したら?2016年9月9日 日系人向け特別定住ビザを全世代に解禁したら?  東京五輪と東日本復興のために、日本では労働者不足が深刻になり、外国人技能実習制度を5~6年に延長する検討(現状3年)がされていると聞き、〃足元〃を見ていない考え方だとガッカリした▼元々この実習制度は「途上国の外国人に技能の習得の機会を与える」という金看板だが、実態としては […]
  • Vマダレーナで強盗続発=すしレストランも被害に=8月以降で12件も2008年10月28日 Vマダレーナで強盗続発=すしレストランも被害に=8月以降で12件も ニッケイ新聞 2008年10月28日付け  サンパウロ市ヴィラ・マダレーナ区イナシオ・パレイラ・ダ・ロッシャ街にある、すしレストラン「キンダイズシ・パスタ」が二十三日の夜、強盗の被害に遭った。二十五日付けフォーリャ紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》大統領選=反PT派でボルソナロ浮上=刺傷やハダジ擁立以降急増=事件後、二極化強める政局=PSDBは割食い人気凋落2018年9月18日 《ブラジル》大統領選=反PT派でボルソナロ浮上=刺傷やハダジ擁立以降急増=事件後、二極化強める政局=PSDBは割食い人気凋落  労働者党(PT)への嫌悪感がジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)の支持率上昇の原動力となり、その影響で民主社会党(PSDB)のジェラウド・アウキミン氏の支持率が落ちていると、16日付エスタード紙が報じている。  イボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の最新 […]
  • 大耳小耳2012年2月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月16日付け […]
  • 形あるものは必ず壊れる?2018年2月8日 形あるものは必ず壊れる?  ブラジリアで6日、首都中心部を走る自動車専用道の高架橋の一部崩落が起きた▼連邦直轄区道2号線はエイションとも呼ばれる幹線道路で、高架橋下は当初、「タイムズ・スクエアのような場所に」との構想もあったらしい。現在は周辺の銀行職員などが利用するレストランとかがある程度だ。崩落時は走 […]