ホーム | ビジネスニュース | リオ市が五輪の収支報告=国内外の観光客117万人=ジカ熱やテロへの懸念払拭
通常の倍の8万5千人が利用した22日のトン・ジョビン空港(Tânia Rêgo/Agência Brasil)
通常の倍の8万5千人が利用した22日のトン・ジョビン空港(Tânia Rêgo/Agência Brasil)

リオ市が五輪の収支報告=国内外の観光客117万人=ジカ熱やテロへの懸念払拭

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 支出削減は234億レ=600億レの赤字を覚悟=最賃の凍結含む上限案も2016年2月23日 支出削減は234億レ=600億レの赤字を覚悟=最賃の凍結含む上限案も  連邦政府が19日、今年度は234億レアルの支出削減を図るが、それでも基礎的財政収支は600億レの赤字となる可能性がある事と、年度毎に支出上限を決め、超過しそうな時は最低賃金の凍結を含む3段階の支出抑制策を提案する意向である事を発表したと20日付伯字紙が報じた。 26、27日に […]
  • 会議所シンポ 景気回復はいつ?=今年が底か、出口はどこに=(上)=18年V字回復との説も2016年3月2日 会議所シンポ 景気回復はいつ?=今年が底か、出口はどこに=(上)=18年V字回復との説も  ブラジル日本商工会議所の総務委員会(樹神〈こだま〉幸夫委員長)と企画戦略委員会(大久保敦委員長)が企画した「2016年上期の業種別部会長シンポジウム」が2月25日午後、インターコンチネンタルホテルで開催され、約200人が出席した。「景気低迷期だから見えてくるビジネス機会~経済 […]
  • 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる2016年8月10日 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる  リオ五輪開幕から4日、現在のところ大きな問題もなく開催されているリオ五輪だが、フランスの新聞「フィガロ」紙のサイトが、リオ五輪の運営状況をほめる報道を行っている。 同紙サイトの記事は、契約者以外に読めないシステムになっているが、同国の全国ネットのラジオ局RFI局が記事の要約を […]
  • ネッタイシマカ=ボウフラ駆除剤に問題?=アマゾンでバイオ製品開発2016年2月18日 ネッタイシマカ=ボウフラ駆除剤に問題?=アマゾンでバイオ製品開発  デング熱やチクングニア熱、ジカ熱を媒介するネッタイシマカ対策は世界的な課題となりつつあるが、蚊のボウフラを駆除するための薬が小頭症を引き起こす要因となっているのではないかとの声が上がり、同薬使用を中止する州が出てきた。 妊婦がジカ熱に感染した事が原因と見られる小頭症児増加は、 […]
  • 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要2016年8月11日 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要  リオ五輪開始5日目の9日、外国人選手や報道関係者がブラジルの応援団の野次や騒音に苦言を呈しているとアジェンシア・ブラジルが報じた。 観客席が騒がし過ぎて苦情が出たのは水泳、卓球、バスケットなどだ。8日の女子バスケットブラジル対日本戦では、絶え間なく続くブラジル側応援団の野次に […]