ホーム | 日系社会ニュース | サンタイザベル婦人会解散=憩の園へ3千レアル寄付=60年の歴史に幕閉じる

サンタイザベル婦人会解散=憩の園へ3千レアル寄付=60年の歴史に幕閉じる

明坂英博世話役(左)、伊津野会計(中央右)、ミノダ副会長(右)

明坂英博世話役(左)、伊津野会計(中央右)、ミノダ副会長(右)

 サンパウロ市東部にある「サンタイザベル婦人会」及び同「親睦会」が解散するのに伴い、積立金3千レアルを寄付するため、サンパウロ市文協内にある救済会(佐藤直会長)の事務所を12日に訪れた。
 同婦人会は1956年設立され、最盛期には会員は60人を越えた。会館こそ持たなかったが、場所を借用してバザーやビンゴ大会を催し、同地日系人の親睦の場を提供していた。だが、高齢化や後継者不足により会員数が激減。10年前からは活動がほぼ休止状態で、会長や副会長が亡くなった後、代わって引継ぐ会員もいなくなってしまったという。
 同会で長く会計を務めてきた伊津野清美さん(74、二世)は、「先人たちががんばって貯めてくれたお金。少しでも役立てるようにしなければと思い、ごく僅かですが寄付できれば」と小切手を手渡した。
 佐藤会長は「我々も色々なイベントを催して支援を募り、なんとかやってきている。そんななか、大変有難い話だ。今後も困っている人に手を差し伸べられる様に尽力したい」として感謝を述べた。
 伊津野さんは「先人の努力の賜物で、資金繰りが苦しいなかでも、なんとか続けてくることができた」と振り返り、「小さな会だったけど、揉め事もなく円満で楽しい婦人会だった。解散するにあたって、皆と相談して本日来ました」と涙を浮かべながら寂しそう語り、70年の長い歴史にひっそりと幕を下ろした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • Sabesp=ボーナス見直しで純利倍増=12日から水道代調整も2016年5月14日 Sabesp=ボーナス見直しで純利倍増=12日から水道代調整も  サンパウロ州水道公社(Sabesp)が節水ボーナスの基準を厳しくし、過剰消費者への罰金額を上げて以来、純益が倍増した事が分かったと13日付エスタード紙が報じた。 Sabespが12日に行った決算報告によると、今年度第1四半期の純益は6億2880万レで、水不足危機が頂点に達して […]
  • ■訃報■児玉ラウルさん2015年10月23日 ■訃報■児玉ラウルさん  笠戸丸移民の児玉良一さんの息子で、第2次大戦イタリア戦線に参加した日系兵士40人の内、唯一の生き残りだった児玉ラウルさんが17日、老衰のため亡くなった。享年98。 […]
  • 関係者で笑顔で鏡割り2015年2月18日 グラビア=華々しく式典を挙行 神内良一新病棟、落成!
  • 羽藤市議7期目出馬へ=日系団体へ地道に協力2008年8月7日 羽藤市議7期目出馬へ=日系団体へ地道に協力 ニッケイ新聞 2008年8月7日付け  六期連続でサンパウロ市議を務める羽藤ジョージ氏(PMDB)が、十月の地方統一選挙に向けて七度目の出馬表明をし、来社して理解と協力を訴えた。 […]
  • 秋田県人会=研修員募集2007年12月25日 秋田県人会=研修員募集 ニッケイ新聞 2007年12月25日付け  ブラジル日本文化福祉協会(上原幸啓会長)は百周年の幕開けを記念し、フェルナンド・ネヴェスさんの琴演奏による「新年コンサート」を一月六日午後二時から、イビエプエラ公園内の日本館で行なう。 […]