ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ前大統領罷免後にはじまったテメル大統領への抗議運動は引き続き行われているが、11日にサンパウロ市のパウリスタ大通りで行われたデモ参加者は、主催者側の発表で5万人と1週間前の半分ほどの人数となり、勢力を弱めている。ブラジルでは抗議運動は国民の権利として受け入れられているが、もう3週間もすれば今度は全国の市長・市議選だ。国政と地方では違うかもしれないが、ブラジルの政治が変わっていくためには、一回一回の選挙でどの政治家、どの政党に入れていくかが今後のカギとなる。現在の大統領に不満を持つ人たちが今回の市長選でどの政党を支持するか見ものだ。
     ◎
 12日は最高裁において、新長官、カルメン・ルシア氏の就任式が行われた。最高裁長官の就任式ではショーなどが行われることもあるが、カルメン氏はそれを好まず、就任式は飾らないものとなった。カルメン氏の任期は2年間だが、彼女の任期中は、そろそろラヴァ・ジャット作戦の政治家への捜査や裁判も本格化することが考えられ、大事な局面となりそう。レヴァンドウスキー前長官は温和で甘いイメージもあったが、行動力のある厳しい態度を期待したい。
     ◎
 11日のサッカーの全国選手権、首位を走るパルメイラスは敵地でのグレミオとの試合を引き分けた。1位は保ったものの、2位フラメンゴとの勝ち点は1点差。この試合でそれ以上に痛かったのはエース、ガブリエル・ジェズスが背中を痛めて途中退場したこと。14日の次戦がフラメンゴとの首位攻防対決だけに、エースの欠場は避けたいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月5日 東西南北  2日の選挙の余韻をまだ引きずっているブラジルだが、それと同時にいろんなこぼれ話も出てきている。まず、サンパウロ州カシア・ドス・コケイロスでは、「ジウマ・クーニャ」と名乗る女性教師が出馬して、見事、市長に当選した。罷免されたばかりの前大統領や前下院議長と同じ名前でも市民は気にし […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年7月28日 東西南北  本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与 […]