ホーム | イベント情報 | 琉球民謡大会を9日=グランプリは母県へ

琉球民謡大会を9日=グランプリは母県へ

来社した仲本さん、山内さん、城間さん

来社した仲本さん、山内さん、城間さん

 琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明支部長)が『第22回民謡大会』を、9日午後2時から沖縄県人会館(Rua Dr. Tomas de Lima, 72, Liberdade)で開催する。入場無料。
 55人の歌い手が一般、高齢者の2部門に分かれ、日ごろの練習の成果を競う。両部門のグランプリは、沖縄民謡保存会が母県で開く祭典への出場権を得る。
 踊りなどのアトラクションのほか、沖縄そばやサーターアンダギーなど、手作り郷土料理の販売もある。
 案内のため来社した城間支部長(75、沖縄)と山内盛一前支部長(69、同)、会計の仲本明男さん(72、同)は「民謡のほか郷土料理もあるのでぜひ」と来場を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ