ホーム | 日系社会ニュース | 4年に一度の祭典で訪日へ=健康体操の指導員ら31人が

4年に一度の祭典で訪日へ=健康体操の指導員ら31人が

来社した健康体操の川添先生(前列中央)、中平マリコさん(後列左)ら

来社した健康体操の川添先生(前列中央)、中平マリコさん(後列左)ら

 ブラジル健康体操協会(川添敏江会長)が10月6~9日、静岡県浜松市でされる『第5回国際健康表現フェスティバル』に参加する。指導員、生徒含め31人が同イベントのために訪日し、約140グループ2千人余りの参加者と共に、4日間にわたり会員同士の交流と体操発表を行なう。
 同イベントは4年に一度、五輪と同じ年に開催される。当地を始め韓国、ハワイからも参加者が集まる国際的な祭典だ。
 当地の健康体操協会は、今年で創立10周年。それを記念して歌手の中平マリコさんと共演し、「健康体操の歌」、AKB48の「会いたかった」、ブラジル紹介として「イペ音頭」を披露する。
 祭典の後は神戸移住センター、福島県いわき市を訪問し、同行する中平さんとイペ音頭の指導も行なう。また群馬県大泉市では、在日ブラジル人との交流を予定しているという。
 訪日を前に川添さんらは、「他国の人との交流が楽しみ」と意欲を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ