ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日伯文化連盟(アリアンサ)が10日午後6時からサンジョアキン校(Rua Sao Joaquim, 381)文協6階で、海外日系人協会の森本昌義理事の講演会「盆踊りと寿司―日本語と日本の精神」(ポ語、スペイン語のみ)を開催する。日本語学習者を中心に一般にも開放。参加費無料。「勤勉」など日本人の精神、日語学習における日本文化理解の重要性を紹介する。申し込みは同校サイト(http://bit.ly/mikemorimoto)から、問い合わせは同校(11・3209・9998)まで。参加は50人までなので、希望者は早めに申し込みを。
     ◎
 和歌山県人会の会報第4号が1日に発行された。先月行なった県人移住百周年の法要ほか、記念行事の開催を臨時総会で承認したことが紹介されている。会として初めての記念誌編纂も予定しており、県人移住者の寄稿を呼びかけている。簡略した自分史として、日々の生活を写真付きで書いてほしいとのこと。送付は12月15日まで。同会では「初の記念誌なので積極的に協力を!」と呼びかけている。詳細は事務局(11・3209・6771)へ。
     ◎
 若手女性邦楽奏者3人で構成される『結』が、今月30日に東洋街のFECAP劇場(Av. Liberdade, 532)で午後4時から公演を行う。同グループは、東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業し、09年結成。津軽三味線、筝、尺八のトリオで、古典のみならず、他のジャンルの演奏家と共演するなど、幅広い演奏スタイルで人気を博している。今回公演では、現代的なオリジナル曲やブラジルの曲も。邦楽関係者など関心のある人は、ぜひ公演に足を運んで交流してみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年9月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年9月13日  先月末の代表者会議で来年の日本祭の会場問題について、一部の出席者から「何とか踏ん張ってやってやろうという意気込みが感じられない」「後ろ向きなことばかり言ってどうする」などと執行部を批判する声が挙がった。ところが別の出席者から「各県人会の負担 […]
  • 大耳小耳2017年1月24日 大耳小耳  国際交流基金が日本語が学べるウェブサイト「JFにほんごeラーニング みなと」(minato-jf.jp)を昨年7月に開設した。現在ひらがな、カタカナのほかA1レベル(初心者)までのコースが公開されている。「挨拶をする」「趣味について話す」等の場面で使われる言葉を「知る」「聞く […]
  • ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も2016年10月15日 ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も  ビジネスにおける日本語学習を専門とした語学学校「ONGAESHI ビジネス日本語学校(ONGAESHI Negocios em Lingua […]
  • 混沌とした現代に勇気を=GLAビデオ上映会、来月22日2015年10月17日 混沌とした現代に勇気を=GLAビデオ上映会、来月22日  宗教法人GLAのブラジル支部(尾田嘉雄理事長)が来月22日午後2時から、『2015高橋佳子講演会 映像の集い』を行なう。場所は文協大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]