ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=日本祭り収支は来月報告へ=チエテ国際パークの話題も

県連代表者会議=日本祭り収支は来月報告へ=チエテ国際パークの話題も

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の9月度代表者会議が、先月29日に文協ビル内の県連会議室で行われた。来訪者発言では下本八郎元サンパウロ州議が、チエテエコロジー公園のパルケ・ナソンエス計画について、協力を求める声があった。
 冒頭下本さんから、チエテエコロジー公園内に建設を予定するパルケ・ナソンエスの日本文化エリアについて構想が説明された。生け花教室や空手道場などの設備や後援者などについて紹介があり、同エリアの建設計画は「2年後に完成、提出は5年後にされる」とした。
 下本さんは「日本祭りの来場客数から見ても、日系人への関心は高い。この計画は成功すると考えている」と前向きだが、質疑応答では「莫大な予算が必要なため実行は難しい」と、現実的な意見が出た。
 7、8月の会計は日本祭りの収支が調整中のため、発表はなかった。またイビラプエラ公園内の開拓先没者慰霊碑に関し、整備費を捻出するための基金を設立する提案が出された。慰霊碑の整備費は月々800~900レアルで、寄付や県人会からの援助を充てていたが不足が予測されている。
 移民110周年(2018年)には皇室招待を検討しているとの報告もあった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来年日本祭り収支は1・2倍=6月度の県連代表者会議2017年7月8日 来年日本祭り収支は1・2倍=6月度の県連代表者会議  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の6月度代表者会議が先月29日、サンパウロ市の文協ビル内の県連会議室で行われた。  5月度会計報告では17万4370レアルの収入、22万6646レの支出。ただし支出のうち、7万4011レは今月開催の「第20回日本祭り」会 […]
  • 県連総会=昨年は健全運営で黒字に=故郷巡りはポルトガルへ2017年4月8日 県連総会=昨年は健全運営で黒字に=故郷巡りはポルトガルへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の定期総会が先月30日夕方、文協ビル5階の県連本部で行なわれた。経費が膨らむ日本祭りに、創立50周年事業もあった昨年度だったが、最終的に約22万レアルの黒字で終えた。  通常会計は収入約25万レアル、支出約27万レだった。創 […]
  • 新たな歴史の第一歩を2019年1月8日 新たな歴史の第一歩を  ブラジルへの日本人移民が始まって、今年で111年目。  昨年は移民110周年の節目として、秋篠宮眞子内親王殿下をお迎えし、第21回フェスティバル・ド・ジャポン会場内特設会場で記念式典を開催いたしました。母県からは多くの祝電並びに、18県からは知事を始めとする県民慶祝 […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ2018年10月17日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「第49回故郷巡り」が、先月20~25日の6日間、グローバル旅行社により催行された。今年で30年目を迎える今回のツアーの訪問地となったのは、旧アララクアラ鉄道から旧ノロエステ鉄道にまたがる地域だ。近年では最多と見られる1 […]
  • 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も2018年10月16日 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も  サンパウロ市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正 […]