ホーム | 日系社会ニュース | 全伯陸上=アナスピ会が団体総合V=「日ごろの練習の成果」

全伯陸上=アナスピ会が団体総合V=「日ごろの練習の成果」

3回目の優勝を喜ぶアナスピ・ベテラーノ会の皆さん

3回目の優勝を喜ぶアナスピ・ベテラーノ会の皆さん

 アナスピ・ベテラーノ会(河崎義男会長)による第28回全伯日系マスターズ陸上競技大会が9月25日、サンパウロ市イビラプエラ区バス・ギマランエス競技場で開催された。
 当日は雨天となったが、全伯各地から9チーム約450人の選手が出場した。参加者全員、全力で日頃の成果を競い合った結果、今年の団体総合優勝はアナスピ・ベテラーノ会となった。
 今回で3回目となる優勝に河崎会長(78、二世)と清水義之さん(88、広島)は「優勝は難しいことなので嬉しい。確定ではないが今月、優勝祝いもする」と嬉しそうだ。結果は以下の通り。個人の部は新記録の選手のみ掲載(敬称略、括弧内は年齢カテゴリー)。
 【団体】1位=アナスピ(2154点)、2位=スドエステ(1985)、3位=パラナ(501)、4位=イビラプエラ、5位=ノロエステ、6位=ピラピチンガ、7位=パウリスタ、8位=モジ、9位=コペル・コチア
 【個人男子】▼上村トシアキ(30)=槍投げ42m47【個人女子】▼川上トシ(85)=槍投げ9m35、円盤投げ11m43▼清水みつ(85)=100m走21秒25▼井本スミ子(75)=円盤投げ24m34▼タテオカ・カズエ(55)=1500m走6分13秒▼杉山マウリセ(40)=円盤投げ31m95

image_print

こちらの記事もどうぞ