ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リベルダーデ・ロータリークラブは明日、フェスタ・デ・サウーデと題した無料の健康診断を行う。白内障、高血圧、糖尿病などの検診から、食生活に係る問診に至るまで全て無料で受けられる。体の不調や悩みを感じている人は、この機会に相談してみては。開催は午前9時から午後3時まで、ACAL東洋会館(Av. Liberdade, 365)にて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 千葉県人会=会館建設資金めどつく=県民、県、県人会が協力して=5千万円を超えた=これから為替差損が課題2007年5月9日 千葉県人会=会館建設資金めどつく=県民、県、県人会が協力して=5千万円を超えた=これから為替差損が課題 2007年5月9日付け […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=962015年6月12日 パナマを越えて=本間剛夫=96  私は昨日はサンファンを見、今日はこちらの移住地が立派だと聞いてきました、と率直に答えた。「じゃ、うしろの車にお乗んなさい」と老人は馬を止めてくれた。「わたしたちはアメリカさんのおかげで、ラクな暮らしができるようになりましたです」と満足げに馬に鞭をいれた。 老人は途中、雑貨 […]
  • 《ブラジル》新法相候補はメンサロン弁護士=検察庁に対して批判的とも2017年2月14日 《ブラジル》新法相候補はメンサロン弁護士=検察庁に対して批判的とも  最高裁判事への指名を受けたアレッシャンドレ・デ・モラエス氏に代わる法相に有力視されているロドリゴ・パシェコ下議(民主運動党・PMDB)が、メンサロン事件の被告の弁護をし、検察庁の批判まで行っていたことがわかったと、13日付フォーリャ紙が報じている。  パシェコ氏は弁護士で、 […]
  • 7日に開催されたパウリスタ大通りでのゲイ・パレード(Paulo Pinto/Fotos Públicas)2015年6月18日 サンパウロ=パウリスタ大通りが歩行者天国化?=ハダジ市長が仰天計画示唆  16日、サンパウロ市のフェルナンド・ハダジ市長は、サンパウロ最大の繁華街であるパウリスタ大通りを、毎週日曜日に閉鎖することを検討していると発言した。 パウリスタ大通りは、サンパウロの産業の中心となるビルやショッピング・エリアが軒を並べ、サンパウロ中央部のやや南よりの地点か […]
  • 大耳小耳2017年1月13日 大耳小耳  短歌誌『椰子樹』371号が先の12月に発行された。リオ五輪のテレビを、手に汗握りながら見て作ったと思われる《君が代に胸あつくしぬ幼くて国出でしわれはオリンピックに》(富樫苓子)という歌には共感する人も多いのでは。《ここは晴れ彼方に見えるあの雨は空から下がるカーテンのよう》(宮 […]