ホーム | コラム | 樹海 | 数字などに表れないもの

数字などに表れないもの

 ブラジリア時間の9日早朝、米国大統領選でトランプ氏当選が決まった時、投票日もヒラリー氏優勢と報じた世論調査との差を感じた人は多かっただろう▼米国大統領選では、有権者票獲得比率と選挙人票の獲得数は必ずしも一致せず、世論調査で優位=選挙で勝つではない。有権者票獲得数はヒラリー氏の方が多いが、トランプ氏は選挙人票で過半数を得、当選した。そういう意味で「選挙は水物」で、世論調査は傾向を示すに過ぎないし、事前調査で優位と伝えられて安堵し、破れる例や、調査結果を見て戦略を変えて勝つ例もある▼8日夜、知人が送って来た「下町ロケット」というビデオにも数字のマジックがあった。町工場が持つ特許を巡り、大手企業が特許侵害と訴えて工場を乗っ取ろうとするが、町工場が勝利するという筋書きだ。途中、町工場側弁護士が「あの裁判官の裁判では大手が21件中18件で勝訴しており、大手を優遇するようだ」と話す場面があったが、この見解は裁判中に変わり、工場長が証言を求められた時も感じたまま話すよう勧めた。更に公判後、「数字だけ見れば大手優遇に見えるが、実際は公平だとの確信を得た」と明かすのだ▼世論調査などでは無作為に選んでいても調査対象に偏りは出るし、数字には表れない要素がある事も否めない。メディア報道にも記者のフィルターが反映される。伯国の地方選後、欠席、白票などの増加は政治不信や現状への不満表明との見方も示された。数字などの陰に隠れた真の姿や要求を見極めるのは容易ではないが、為政者などが数字やその陰に隠れた要求などの意味を汲み、正しい判断が出来るよう、再度願わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]
  • 元隠れキリシタンが作った保和会の役割2019年2月26日 元隠れキリシタンが作った保和会の役割  「保和会がもうなくなるかもしれない」―そんな噂を聞いて愕然とし、関係者を急いで探した。  保和会といえば、福岡県三井郡大刀洗町今村出身者で、元隠れキリシタンの青木家、平田家らが中心になって作った親睦会だ。1960~70年代には、平田ジョン進連邦下議の選挙応援で大活躍 […]
  • 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」2019年2月22日 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」  1月中旬からのボウソナロ政権のつまづきがお粗末だ。それを引き起こしたのはボウソナロ大統領自身ではない。それを起こしたのはまぎれもなく、彼の息子たちだ▼つまづきの発端となったのは長男フラヴィオ上院議員の、リオ州議員時代の幽霊職員の不正雇用疑惑で、昨年末にさかのぼる。疑問 […]