ホーム | コラム | 樹海 | 数字などに表れないもの

数字などに表れないもの

 ブラジリア時間の9日早朝、米国大統領選でトランプ氏当選が決まった時、投票日もヒラリー氏優勢と報じた世論調査との差を感じた人は多かっただろう▼米国大統領選では、有権者票獲得比率と選挙人票の獲得数は必ずしも一致せず、世論調査で優位=選挙で勝つではない。有権者票獲得数はヒラリー氏の方が多いが、トランプ氏は選挙人票で過半数を得、当選した。そういう意味で「選挙は水物」で、世論調査は傾向を示すに過ぎないし、事前調査で優位と伝えられて安堵し、破れる例や、調査結果を見て戦略を変えて勝つ例もある▼8日夜、知人が送って来た「下町ロケット」というビデオにも数字のマジックがあった。町工場が持つ特許を巡り、大手企業が特許侵害と訴えて工場を乗っ取ろうとするが、町工場が勝利するという筋書きだ。途中、町工場側弁護士が「あの裁判官の裁判では大手が21件中18件で勝訴しており、大手を優遇するようだ」と話す場面があったが、この見解は裁判中に変わり、工場長が証言を求められた時も感じたまま話すよう勧めた。更に公判後、「数字だけ見れば大手優遇に見えるが、実際は公平だとの確信を得た」と明かすのだ▼世論調査などでは無作為に選んでいても調査対象に偏りは出るし、数字には表れない要素がある事も否めない。メディア報道にも記者のフィルターが反映される。伯国の地方選後、欠席、白票などの増加は政治不信や現状への不満表明との見方も示された。数字などの陰に隠れた真の姿や要求を見極めるのは容易ではないが、為政者などが数字やその陰に隠れた要求などの意味を汲み、正しい判断が出来るよう、再度願わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • テメル大統領、おつかれさま2018年12月28日 テメル大統領、おつかれさま  今年もあと、もう数日で終わるが、それと同時にテメル政権も終了する。ただ、そのことに着目している人は、もう既にメディアでもかなり少ない▼思えば、この政権ほど地味で不人気な政権もなかった。元々が副大統領で、ジウマ政権崩壊の危機のタイミングで寝返り。法的な違法性こそないもの […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 同じ「神のヨハネ」でも…2018年12月20日 同じ「神のヨハネ」でも…  最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の […]