ホーム | 文芸 | 刊行 | 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版

最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版

谷口眞一郎和歌山県人会長(左)と平崎靖之会長

谷口眞一郎和歌山県人会長(左)と平崎靖之会長

 終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポルトガル語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』がブラジル陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)で行われる。
 松田ルイ・ユタカ陸軍少将が、小野田氏の又甥(甥の息子)にあたる小野田エドアルド少尉との出会いを機に、「日系人としても軍人としても尊敬に値する同氏の生き方を知ることは、ブラジル軍人にとって良い刺激になる」と後押しし、陸軍図書館から出版される運びとなった。
 生業から軍上層部の日系人を中心に、広く交友関係を築いてきた広島県人会の平崎靖之会長は、「第2次大戦中の外国軍人に敬意を表し、その伝記が軍部から出版されるのは異例。日本人の魂を二、三世のみならず、ブラジル人にも広く知ってもらえる」と喜びを浮かべた。
 陸軍南東部主催。当日は松田少将、小野田少尉も出席する。少尉の直筆サイン入りの書籍と、カクテルパーティーの参加費合わせて65レアル。申込みや問合せは日野さん(11・2703・3893)、平崎さん(同・99997・1634)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ2016年12月7日 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ  〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記がブラジル陸軍から出版されたことを記念して、ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体がサンパウロ市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会 […]
  • 12年12月に当地で祝った90歳の誕生日。妻の町枝さんと2014年1月18日 元陸軍少尉 小野田さん逝去=当地からも死を惜しむ声 ニッケイ新聞 2014年1月18日 元陸軍少尉で南麻州に牧場を築いた小野田寛郎氏が16日、心不全で亡くなった(6面詳報)。日本でも次々に訃報が流れ、同氏と親しくしていたコロニアの人々も急な知らせに驚き、死を惜しんでいる。 戦後渡伯した兄の格郎さん(陸軍主計少佐)と知り合いだ […]
  • 大耳小耳2013年2月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月27日 […]