fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここ数日、本紙でも話題としているジェデル・ヴィレイラ・リマ大統領府総務室長官。同氏が若手の下院議員だった頃から常に汚職の疑惑がついて回っていたことは昨日付本紙でも報じたが、エスタード紙などによると、ジェデル氏は1970年代前半にブラジリアで、ブラジルが生んだ伝説のロックスター、レナト・ルッソと同じ小学校に通っていたという。ジェデル氏は「嫌味な下院議員の息子」ということで嫌われがちで、レナトは当時既に小太りだったジェデル少年を「スイナ(豚)」というあだ名で呼んでいたとか。ある意味、少年時代から同じような印象だが、政治手腕で挽回できるか。
     ◎
 22年ぶりの全国選手権制覇が目前となり、一段と盛り上がって来ているパルメイラスだが、現在、同チームに話題の少女が出現している。それは「ドゥーダちゃん」と呼ばれる7歳の女の子で、アリアンツ・パルケで行われた20日の試合に顔を緑に塗って入ろうとしたら、「顔の塗装は入場禁止」の規定に触れて入場を断られた。そこで「まだ子供なのに」とファンの同情論が高まったことで、優勝のかかった27日は入場を許可された。勝利の女神になれるか。
     ◎
 早くも公約に掲げていた「17年サンパウロ市バスの値上げなし」が崩れそうなジョアン・ドリア次期サンパウロ市市長だが、23日付アゴラ紙によると、現在認められている学生や高齢者の無賃乗車のうち、高齢者に関しては、現状の「60歳以上」が「65歳以上」に変更される可能性がでてきたとか。そうなれば市民の反応はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 東西南北2018年9月29日 東西南北  本日付で報じているヴェージャ誌のボルソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」とい […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年3月3日 東西南北  2月28日、サンパウロ州カンピーナス市で、銀行強盗を捕獲しようとした軍警が、銃撃を受けて反撃、強盗の内7人が死亡する事件が起きた。爆発を専門とする銀行強盗グループが同日午後7時から10時の間に、カンピーナス市の先にあるジョアノーポリス市の銀行支店を襲うという匿名情報を得た警察 […]
  • 東西南北2017年8月9日 東西南北  現在、連邦議会の一部で「議員の当選回数を抑えよう」とする勢力があるという。彼らによると、「在職年数の長さが汚職に繋がっている」という見方があるようだ。たしかにラヴァ・ジャットで逮捕、もしくは捜査対象となった下議や上議には在職年数が20年を超す政治家も珍しくない。また、14年の […]