ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ABC=強盗が62歳男性を射殺=継娘守ろうとして犠牲に

こちらの記事もどうぞ

  • 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada2020年10月24日 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada  「朝の10時頃、突然予約の電話がかかってきてね。上皇ご夫妻は警察車両の先導でお越しになられたんだ。たくさんの警備が店のまわりを囲んでね、ご夫妻は10人くらいの日本人、日系人の方々とフェイジョアーダを召し上がられていったよ。感想を聞きたかったけど、そんな隙無くてね。満足 […]
  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>2020年10月23日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>  アンさんの第一言語はフィリピン語だが、英語も母国語のようにコミュニケーションできる。  「ブラジルに来た時はポルトガル語ができず、仕事を見つけるのに苦労しました。なぜブラジル政府は、アジアの複数の国のように英語をコミュニケーションの手段とすることを法律で義務付けなか […]