fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | ガルボン街がホコ天に=年明けから、歩道整備も

ガルボン街がホコ天に=年明けから、歩道整備も

工事が進むガルボン・ブエノ通り

工事が進むガルボン・ブエノ通り

 買物や観光客で賑わう東洋街の目抜き通りが、歩行者天国になる。来年からガルボン・ブエノ通りで土日祝日に実施され先立って同所では、サンパウロ市交通局が先週末から歩道整備を進めている。対象はリベルダーデ広場からアメリコ・デ・カンポス通りまでの約188メートル。
 サンパウロ市中心部の公共空間を、快適な生活空間とすべく推進する事業「セントロ・アベルト」の一環。日曜日には約6万4千人が歩行するというガルボン街だが、混雑時には25%が車道にはみ出して通行していたという。
 工事によって歩道は、従来の3メートルから広いところでは倍近く拡張された。歩道と車道はポールで仕切られ、路面も緑のペンキで塗装された。19日に開始した工事は、既に半分近く進んでいると思われ、新しく設置されたベンチや駐車禁止の標識も見受けられる。
 実施は1月2日以降の週末と祝日の午前9時から午後7時まで。歩行者でごった返す東洋街の休日が、いくらか快適になるかもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボルソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]