ホーム | 日系社会ニュース | 伯便休止、来年3月から=エティハド航空、為替影響

伯便休止、来年3月から=エティハド航空、為替影響

 エティハド航空は、サンパウローアブダビ(アラブ首長国連邦)間の空路を、来年3月26日から一時停止することを発表した。13年6月に設置以降、これまでに46万人もの客に利用されてきたが、ブラジル通貨の大幅下落が影響し、無期限停止となった。
 同社と提携先旅行代理店は、近日中に顧客への案内を開始すると見られている。停止日以降の航空便を予約済みの顧客に対しては、全額返済もしくは、提携先アリタリア・イタリア航空(ローマ経由)の便が代わりとして準備される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南2020年10月24日 JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南  「しっかりと死に向き合った上で、本人がどの様な最期を迎えたいと思っているかを考えるのが重要です」――医療法人ゆうの森理事長で、当日の講師を務めた永井康徳医師は、在宅医療において重要な点をそう説明した。ブラジル時間の19日(月)20時、高齢化が進む日系社会に対し、独立行 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<4>2020年10月24日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<4> 日本のイメージは働く場所  「リベルダーデ地区に日系コミュニティーがあることも知っていました。でも、まだ私はブラジルで日本人や日系コミュニティーと接触したことはありません」と、南国フィリピンのイメージ通りの陽気さで、満面の笑みを浮かべて話すのはジェニファー・ガブアット […]
  • ■訃報■ 安永忠邦さん2020年10月24日 ■訃報■ 安永忠邦さん  “移民の父”上塚周平を知る最期の生き証人、安永忠邦さん(二世)が23日12時に聖州プロミッソン市の自宅で老衰のために亡くなった。「上塚植民地」と言われた当時に、プロミッソンの自宅農園で生まれ育ち、そこで99歳の生涯を全うした。  戦時中に枢軸国移民が「敵性国民」と弾圧される […]
  • 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada2020年10月24日 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada  「朝の10時頃、突然予約の電話がかかってきてね。上皇ご夫妻は警察車両の先導でお越しになられたんだ。たくさんの警備が店のまわりを囲んでね、ご夫妻は10人くらいの日本人、日系人の方々とフェイジョアーダを召し上がられていったよ。感想を聞きたかったけど、そんな隙無くてね。満足 […]
  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]