fbpx
ホーム | コラム | オーリャ! | 茶道でブラジル人にゆとり

茶道でブラジル人にゆとり

 日曜日に行われた裏千家の宗旦忌。林宗一代表の「ブラジルに茶道を浸透させる」という目標通り、今回茶名を受け取ったのはブラジル人二人だった。
 『宗善』という茶名を授かったロベルト・アウグスト・ネーヴェスさん(83)は「茶道を始める前はせっかちで、怒りっぽかった」とのこと。16年間も茶道を学んでいる。
 茶道を通して少しずつ心にゆとりが生まれ、憤りを覚えることが減っていき、以前より気が楽になったそう。「禅の心を学んでいる途中」とのこと。
 茶道では客に振舞う茶を淹れるため、様々な作法とその意味を習得する。その過程で、ゆっくりと精神にも深みを持たせていくようだ。
 「そのうち茶道教室を開きたい」と微笑むアウグストさん。日本文化が人の成長の一助となり、ブラジルでも粛々と受け継がれる様子を目の当たりにした。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=クラコランジアでまた騒動=麻薬常用者たちの不満つのる2018年7月20日 サンパウロ市=クラコランジアでまた騒動=麻薬常用者たちの不満つのる  19日午後、サンパウロ市中央部クラコランジアで、清掃員と麻薬常用者の間で対立が生じ、常用者らがバリケードを築いてそれを燃やすなどの騒動が起きた。19日付現地紙サイトが報じている。  事の発端は、市役所が派遣した清掃員たちとクラコランジアの麻薬常用者たちの間でのいさかいで、市 […]
  • イタケーラが入植90年=日系クラブで300人が祝う2015年11月12日 イタケーラが入植90年=日系クラブで300人が祝う  サンパウロ市東部のイタケーラ植民地が入植90周年を迎え先月4日、同地のイタケーラ日系クラブで記念式典が行なわれた。在聖総領事館の関口ひとみ首席領事、飯星ワルテル、大田慶子両連邦下議、野村アウレリオサンパウロ市議、文協の山下譲二副会長らが来賓に訪れ、300人以上が節目を祝った。 […]
  • 岐阜・日伯友情絵画展=在聖総領事館で3日から2015年7月25日 岐阜・日伯友情絵画展=在聖総領事館で3日から  ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)主催の「第11回日伯友情交流絵画展」が8月3~14日の間、在聖日本国総領事館・多目的ホール(Av. Paulista, 854, Bela […]
  • ブラジル龍馬会=講演「なぜ今、竜馬なのか」=専門家が魅力の秘密に迫る2010年10月7日 ブラジル龍馬会=講演「なぜ今、竜馬なのか」=専門家が魅力の秘密に迫る 日系社会ニュース ニッケイ新聞 2010年10月7日付け  ブラジル龍馬会(谷広海会長)が主催するテレビドラマ鑑賞会並びに、鹿児島大学・原口泉教授を招いた講演会が10月20日、宮城県人会館(Rua Fagundes, […]
  • エスペランサ婦人会=文化教室の受講生募集2010年2月13日 エスペランサ婦人会=文化教室の受講生募集 ニッケイ新聞 2010年2月13日付け  エスペランサ婦人会(熊谷美寿江会長)は、今月から19文化教室を開講、受講生を募集している。 教室と開講日は次の通り。受付・詳細は、同会(11・3208・3249)まで。 【月】=ピアノ(午前9時~12時半)、ポルトガル語(午後2時 […]