ホーム | コラム | 樹海 | 予期せぬ悲劇に襲われて

予期せぬ悲劇に襲われて

 ブラジリア時間の11月29日未明にコロンビアで飛行機が墜落し、サンタカタリーナ州のサッカーチーム、シャペコエンセの選手ら71人が死亡、6人が負傷した事件は、世界中を深い悲しみに陥れた▼息子が送ってきた映像を見た直後、電話で事故の事を知らされた父親はこの日が誕生日だったとか。先週、子供が生まれると聞いたばかりの選手もいたなど、涙を誘う話が次々に飛び込んでくる。生存が伝えられた3選手も、片足切断や骨髄損傷などの重傷で選手生命が絶たれた可能性が強く、彼らやその家族の今後も気にかかる▼飛行機事故は1度に大勢の犠牲者が出る事が多く、昨日まで一緒に過ごしていた人を急に亡くす人達のショックも大きい。まして、チーム史上初の南米杯決勝目前の事故は、高まっていた興奮や歓喜を、文字通り一夜にして哀しみに変えた▼長い闘病による死だと周囲の人も心の準備が出来るが、今回のようなケースは準備のしようもない。広域移動が不可欠なサッカー選手には飛行機事故での死は他人事ではなく、欧州のチームも練習や試合前に黙祷を捧げ、追悼声明を出したりした。選手やチームからの追悼文も引きを切らない▼全ての遺体が届いた時点で合同葬を行うための準備は始まったが、全伯選手権最終節や来季の試合への見通しはたっていない。多くの市民は自分達に夢を与え、夢は実現できる事を示してくれた選手や監督、報道関係者に感謝しているが、様々な痛みや苦しみの最中にある生存者や遺族、関係者達に深い慰めと新たな希望、生きていくための力をと願わされる。「シャペコエンセは闘い続ける」との言葉にも声援を送りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ