ホーム | シャペコエンセ 関連記事

シャペコエンセ 関連記事

《ブラジルサッカー》全国選手権第17節=豪華補強チーム同士の一戦はフラメンゴが快勝=5位転落のパルメイラスは監督解任

 8月31日から9月2日にかけて、サッカー全国選手権1部リーグ第17節の10試合がブラジル各地で行われた。  今節最も注目を集めたのは、リオで行われたフラメンゴ対パルメイラスの一戦だ。  共に豊富な資金力を誇り、大型補強を行ったチーム同士だが、フラメンゴは補強戦力がしっかり噛み合い、前節首位に立ったのに対し、パルメイラスは6月か ...

続きを読む »

東西南北

 地理統計院(IBGE)は23日、インフレ率の先駆けとなる、15日締め広範囲消費者物価指数(IPCA―15)の7月の値が0・09%だったと発表した。この値は6月の0・06%よりは高いが、7月の値としては2017年(―0・18%)以来の低数値だ。今年に入ってからの累積は2・42%で、昨年8月から今年7月までの直近12カ月間の累積は ...

続きを読む »

東西南北

 日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボウソナロ政権が行おうとしている社会保障制度改革で、壇上に立った人たちは同 ...

続きを読む »

東西南北

 本日付で報じた、文化支援法のルアネー法改正に関し、同法の生みの親のセルジオ・パウロ・ルアネー氏が不満を覚えている。現在85歳の同氏は、コーロル政権下の1991年に文化局長として同法成立に尽力した。「6千万レアルだった上限額が100万レアルになるなど、理屈が通っていない。ブラジルの文化は苦しい局面を迎えることになるよ」と苦言を呈 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、マルジナル・ピニェイロスのカステロ・ブランコ方面への高速レーンでのバイクの走行を全面的に禁止する意向を表明した。同道での交通事故の死者を減らすためで、5月までに有効となる見込みだ。インテルラゴス方面は来年から、同様の措置をとるという。また、市内でも特に事故が多い五つの地域の制限速度を時 ...

続きを読む »

シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く

在りし日のヘンゼル氏(27日付El Pais紙電子版の記事の一部)  16年11月末に起きた、サンタカタリーナのサッカーチーム、シャペコエンセの選手や監督などを乗せた航空機墜落事故の生存者で、ジャーナリストのラファエル・ヘンゼル氏(45)が、26日夜に突然亡くなった▼航空機事故が起きる確立は低いが、全員死亡という例も少なくない。 ...

続きを読む »

スダメリカーナ杯=ブラジルのアトレチコ・パラナエンセが優勝=ブラジル勢として2年ぶり4度目、チーム初の国際タイトル

ホームのアレーナ・ダ・バイシャーダでフラメンゴと戦うアトレチコ・パラナエンセ(赤と黒、Flamengo)

 ブラジル南部パラナ州クリチーバ市を本拠とするサッカーチーム、アトレチコ・パラナエンセ(アトレチコ)が12日、コロンビアのジュニオル・バランキージャ(ジュニオル)をPK戦で下し、スダメリカーナ杯初優勝を遂げた。  スダメリカーナ杯はリベルタドーレス杯に次ぐ南米大陸レベルの大会で、ブラジルからは、アトレチコの他に5チームが出場、南 ...

続きを読む »

シャペコエンセ=飛行機事故から2年=スタジアムに事故を悼むレーザー光=チームは週末に1部残留をかけた戦いに挑む

降格免除措置もあえて断り、奮闘するシャペコエンセ(左・Sirli Freitas)

 71人の死者を出した、ブラジル南部のサッカーチーム、シャペコエンセの搭乗機墜落事故から2年が経ち、地元のシャペコ市では、事故発生と同日同時刻の11月29日未明から犠牲者を悼む活動が行われた。  2年前、ブラジルの地方の小規模チームながら、南米大陸でリベルタドーレス杯に次ぐ規模の大会スダメリカーナ杯に出場したシャペコエンセは、コ ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》CSAが3年連続昇格で4部から1部に返り咲き=全国所属ディヴィジョンなしから、3年後は1部のビッグクラブと対決

2年前に4部決勝を争ったCSA(右・Lucas Figueiredo/CBF)

 サッカーのブラジル全国選手権2部の最終第38節が24日に行われ、敵地でのジュヴェントゥージ戦に勝利した、CSA(セントロ・スポルチーヴォ・アラゴアーノ)が2位となり、来年の全国1部昇格を決めた。  今年の2部リーグは1位のフォタレーザが独走で優勝を決めたが、4位までの1部昇格争いは熾烈を極めた。  CSAは最終節直前までは昇格 ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々のやり方がある。ノルウェーでもオランダでも、そういう ...

続きを読む »