ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボルソナロ政権が行おうとしている社会保障制度改革で、壇上に立った人たちは同政権の提案の不人気な点を攻撃。6月14日にゼネストを行うことまでほのめかしたが、様々な労組がこの集会に一本化して参加した割には、参加者の間でも意見が一本化せず、割れている実情も垣間見られた。同法案の今後やいかに。
     ◎
 4月30日午後、サンパウロ市西部ブタンタンのサンパウロ総合大学(USP)キャンパス内のエレベーターで、学生が死亡する事件が起きた。死亡したのは地理学専攻のフィリペ・ヴァレア・レメさん(21)だ。レメさんはこの日、別の学生と共に家具を運ぶ作業を行っており、身体障害者用のエレベーターに一人で乗った後に消息が絶え、捜したところ、遺体となって発見された。抱えていた家具を支えられなくなっての事故死との見方が有力だが、他殺の可能性も疑われている。
     ◎
 1日に行われたサッカーの全国選手権第2節。サンパウロは敵地でのゴイアス戦を2―1で勝利し、2連勝。同日を終わった時点で、首位に立っている。初戦を敵地で落としたコリンチャンスは、本拠地でのシャペコエンセ戦を1―0で勝利した。また、この日、控えメンバーのみで戦ったパルメイラスは、CSAに1―1で引き分けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボルソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボルソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2018年8月15日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボルソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]