ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じた、文化支援法のルアネー法改正に関し、同法の生みの親のセルジオ・パウロ・ルアネー氏が不満を覚えている。現在85歳の同氏は、コーロル政権下の1991年に文化局長として同法成立に尽力した。「6千万レアルだった上限額が100万レアルになるなど、理屈が通っていない。ブラジルの文化は苦しい局面を迎えることになるよ」と苦言を呈した。だが、サンパウロやリオ以外の地域の上限増額などに対しては、「地方で文化が損なわれることへの危機感や配慮を感じさせる」と評価した。文化団体や事業担当企業から抗議が起きそうな法改正だが、果たして。
     ◎
 サンパウロ州選出のマジョール・オリンピオ上議(社会自由党・PSL)の職員に、かつて、拷問をかけたことで断罪された元軍警がいることがわかった。同職員は軍警内部で2人の人物を拷問にかけ、02年に8年5カ月の実刑判決を受け、職務追放処分も受けた。だが、オリンピオ氏がサンパウロ州議員だった08~12年にオリンピオ氏の身辺警備を担当。2月からは上議付職員として、サンパウロ市内の事務所で働いている。現在は罪を償っているとはいえ、ボルソナロ大統領関係者の職員には、過去に問題を起こした経歴を持つ人が多いようだ。
     ◎
 24日にサッカーのブラジル杯(コパ・ド・ブラジル)第4ラウンド第2試合が行われた。シャペコエンセとの初戦を0―1で落としたコリンチャンスは、本拠地イタケラでの試合を2―0で制し、決勝トーナメント進出を決めた。サントスはヴァスコ・ダ・ガマ戦を1―2で落としたものの、17日の前戦の2点リードが効き、同トーナメントに進出した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月15日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボルソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]