ホーム | 日系社会ニュース | 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ

「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ

日系社会での普及を呼びかける松田ルイ・ユタカ陸軍少将と小野田エドアルド中尉

日系社会での普及を呼びかける松田ルイ・ユタカ陸軍少将と小野田エドアルド中尉

 〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記がブラジル陸軍から出版されたことを記念して、ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行った。
 小野田さんの知人や親戚、出版関係者らを中心に約40人が出席。在聖総領事館、サンパウロ文協などからも代表者が慶祝に訪れた。
 冒頭では出版事業を企画した松田ルイ・ユタカ陸軍少将が「混沌としたブラジル情勢の中で、小野田さんの生き様が示す『大和魂』には大いに学ぶ所がある。軍関係者はもちろん、日系社会の多くの人に読んでもらいたい」と挨拶した。
 和歌山県人会の清水オリジオ潔副会長も、「小野田さんは同郷の英雄。日系社会の中でも二、三世は小野田さんのことを知らない人が多いので、これを機に知る人が増えて欲しい」と同書の日系社会での普及を呼びかけた。
 ブラジル陸軍作製の小野田さんの生涯をまとめた短編映像の試写、松田少将と小野田氏の又甥(甥の息子)にあたる小野田エドアルド中尉によるサイン会も行われ、盛況の内に幕を閉じた。
 小野田さんのポ語伝記『Sem Rendição minha guerra de trinta anos(降伏せず 三十年戦争)』は、ブラジル陸軍、ニッケイパレスホテル、和歌山県人会から25レアルで購入できる。本に関する問い合わせは、ブラジル陸軍南東部(電話=11・3888・5638)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポルトガル語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』がブラジル陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体がサンパウロ市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会 […]
  • ■今週末の催し2013年2月21日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年2月21日  土曜日(23日)  ヤクルト杯少年野球大会、午前8時、イビウーナ球場(Rodovia Bunjiro Nakano, km 58,5, Ibiuna)、日曜日も      ◎ […]
  • 『日伯・絆の森』植樹式=カルモ公園に2百本植樹=震災犠牲者への追悼込め2012年5月8日 『日伯・絆の森』植樹式=カルモ公園に2百本植樹=震災犠牲者への追悼込め ニッケイ新聞 2012年5月8日付け […]