ホーム | 日系社会ニュース | 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ

「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ

日系社会での普及を呼びかける松田ルイ・ユタカ陸軍少将と小野田エドアルド中尉

日系社会での普及を呼びかける松田ルイ・ユタカ陸軍少将と小野田エドアルド中尉

 〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記が伯国陸軍から出版されたことを記念して、伯国陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、聖市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行った。
 小野田さんの知人や親戚、出版関係者らを中心に約40人が出席。在聖総領事館、サンパウロ文協などからも代表者が慶祝に訪れた。
 冒頭では出版事業を企画した松田ルイ・ユタカ陸軍少将が「混沌としたブラジル情勢の中で、小野田さんの生き様が示す『大和魂』には大いに学ぶ所がある。軍関係者はもちろん、日系社会の多くの人に読んでもらいたい」と挨拶した。
 和歌山県人会の清水オリジオ潔副会長も、「小野田さんは同郷の英雄。日系社会の中でも二、三世は小野田さんのことを知らない人が多いので、これを機に知る人が増えて欲しい」と同書の日系社会での普及を呼びかけた。
 伯国陸軍作製の小野田さんの生涯をまとめた短編映像の試写、松田少将と小野田氏の又甥(甥の息子)にあたる小野田エドアルド中尉によるサイン会も行われ、盛況の内に幕を閉じた。
 小野田さんのポ語伝記『Sem Rendição minha guerra de trinta anos(降伏せず 三十年戦争)』は、伯国陸軍、ニッケイパレスホテル、和歌山県人会から25レアルで購入できる。本に関する問い合わせは、伯国陸軍南東部(電話=11・3888・5638)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む2017年3月7日 軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む  伯国陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)とリベルダーデ友好協会(平崎靖之会長)は先月16日夜、陸軍南東部宿舎にて新年会を開催した。陸軍関係者や県人会会長ら60人近くが駆けつけ、懇親を深めた。  サンスイ社で社長補佐を務める平崎会長が、その生業から軍上層部の […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体が聖市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、聖市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会、兵庫県 […]
  • 12年12月に当地で祝った90歳の誕生日。妻の町枝さんと2014年1月18日 元陸軍少尉 小野田さん逝去=当地からも死を惜しむ声 ニッケイ新聞 2014年1月18日 元陸軍少尉で南麻州に牧場を築いた小野田寛郎氏が16日、心不全で亡くなった(6面詳報)。日本でも次々に訃報が流れ、同氏と親しくしていたコロニアの人々も急な知らせに驚き、死を惜しんでいる。 戦後渡伯した兄の格郎さん(陸軍主計少佐)と知り合いだ […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記が伯国陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記が伯国陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポ語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』が伯国陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ブラジル陸軍=小野田少尉称え伝記出版=〝伝説の日本兵〟に学べ=旧敵国軍人を異例の顕彰2016年11月19日 ブラジル陸軍=小野田少尉称え伝記出版=〝伝説の日本兵〟に学べ=旧敵国軍人を異例の顕彰  太平洋戦争終結を信じず、フィリピン・ルバング島に30年近く潜伏し闘い続けた〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さん(1922―2014年)のポ語伝記『Sem Rendição minha guerra de trinta […]