ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大サンパウロ市圏オザスコが現在、汚職スキャンダルで揺れている。市議会で、架空の職員を雇っているように見せかけ、2100万レアルを横流ししていた疑いが表面化し、これに21人いる市議のうち、13人が関与したと見られている。7日現在までにそのうちの10人が逮捕されているが、残り3人の中には、10月の選挙で当選し、1月から市長になることが決まっているロジェリオ・リンス氏が含まれており、警察が捜索を継続している。警察によると、今回の件は選挙での違反ではないため、リンス氏が逮捕されても、当選は無効にはならないとのこと。同件の裁判での結果次第だろうが、市民としては複雑か。
     ◎
 昨日付本紙の本欄で報じた、ジョアン・ドリア次期サンパウロ市市長がヴィラーダ・クウツラルを南部インテルラゴス・サーキットでの大イベントに変えたい意向を持っているとの報道について、同氏や次期文化局長のアンドレ・ストゥルム氏が報道内容を訂正した。それによると、新しいヴィラーダはインテルラゴス中心に行われるものの、セントロ(中央部)でも、サンパウロ市立劇場などでのイベントは従来通り行うという。いずれにせよ、派手でにぎやかな感じにはなりそうだ。
     ◎
 サンパウロ市交通局が8月から10月の同市内の主要な通りでの交通事故の死者数を発表した。1位になったのは極南部のインテルラゴス大通りで、7人が亡くなっていた。同大通りは、奇しくもドリア氏がヴィラーダ開催を希望するサーキットの近く。夜通しの大量集客のイベント化は必至だが、警備や交通面で課題が生じそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?2017年5月24日 ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?  3大格付会社のムーディーズとフィッチが22日、世界一の食肉会社JBSの格付を引き下げたと22、23日付ブラジル国内紙やサイトが報じた。  これは、ブラジルのメディアが17日に、同社社主のジョエズレイ&ウエスレイ・バチスタ兄弟らが司法取引を行ったと報じた事が発端だ。JBSは連 […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]