ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える

こちらの記事もどうぞ

  • デング熱やジカ熱流行の危険性は?2017年11月30日 デング熱やジカ熱流行の危険性は?  ブラジル保健省が28日、全国の自治体のネッタイシマカの生息実態調査の結果を発表した▼データが集まった3946市の大半は、10月~11月半ばの調査で、蚊の幼虫(ぼうふら)が見つかった家屋が1%未満だった。だが、1~3・9%台の市は1139、4%以上の市も357あった。今年からは […]
  • 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態2017年7月28日 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態  チクングニア熱への注目度は黄熱病患者急増で落ちていたが、6月24日(第25週)までの統計では7州で患者が増えており、保健省が警告を発したと27日付現地紙サイトが報じた。チクングニア熱は、デング熱やジカ熱と同様、ネッタイシマカが媒介する。  6月24日現在の全国の患者数は昨年 […]
  • ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に2016年7月20日 ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に  保健省が発表した統計によると、今年に入ってから6月11日までに発生したジカ熱患者は16万5932人、デング熱患者は134万5286人、チクングニア熱患者は13万7808人に上ると18日付G1サイトが報じた。 ジカ熱患者は、前回発表からの2週間の間に1691人増えている。ジカ熱 […]
  • 1日1千人がジカ熱感染?=擬似症患者は9万人以上=初めての全国統計出揃う2016年4月28日 1日1千人がジカ熱感染?=擬似症患者は9万人以上=初めての全国統計出揃う  保健省が26日、2月から4月2日までに報告があったジカ熱感染の擬似症患者は9万1387人で、1日1千人以上が感染している可能性があると発表した。この中には妊婦も7584人含まれており、小頭症児誕生が懸念されると27日付伯字紙が報じた。 ジカ熱の擬似症患者には、発熱や発疹など、 […]
  • ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性2016年3月30日 ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性  24日発行の科学雑誌『サイエンス』に、ブラジルのジカ熱感染は2013年5月~12月に始まっていた可能性が高いとの記事が掲載された。 ブラジル初のジカ熱患者は、2015年5月に確認された事になっている。だが、ブラジル国内外の研究者達は、最初の感染は13年に起きていたと考えている […]