ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダーデの市長」とよばれるほど知名度が高く、東洋街を代表する人物だけに、「はやく回復して、年末の餅つきには元気な顔を見せてほしい」との声が方々から聞こえてくる。
     ◎
 東京で今月上旬、柔道の国際大会グランドスラムが開かれ、各国からの強豪が集った。キタダイ・フェリペら一部のリオ五輪組ほか、三世のバルボザ・エドゥアルド・カツヒロら日系人も大会へ参加した。次期五輪の開催地とあって、参戦した当地代表にとっても、「再始動」となる重要な位置づけの大会だった。ところが当地柔道界は今回、芳しい成績は残せなかったよう。とはいえ、2020年に向けて歩みを始めたことは確かだ。
     ◎
 第1・第3土曜日に宮城県人会の駐車場と屋上で行われる青葉祭り。駐車場は新鮮な野菜やADESCのお手製料理、古本などが売られる市場となっている。市場ではにがり粉末やプロポリスなどの健康食品も販売されている。にがり粉末使用者によると、豆腐を作るときに使う以外にも、水やお茶に溶かして飲むことで脂質や糖質の吸収を遅らせる効果があり、ダイエットにも効果的だとか。忘年会が増える季節。健康が気になる方は試してみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ