ホーム | 日系社会ニュース | 健康と繁栄祈り東洋祭り=出店に太鼓、日本文化楽しむ

健康と繁栄祈り東洋祭り=出店に太鼓、日本文化楽しむ

歓声が上がった太鼓の演奏

歓声が上がった太鼓の演奏

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する年末の風物詩『第48回東洋祭り』が3、4の両日、リベルダーデ広場を中心に開催され、日系・非日系が多く訪れた。
 晴天のなか、大阪橋の大鳥居前に集まった関係者らは、シャペコエンセ搭乗機墜落事故の犠牲者に対して一分間の黙祷を捧げた。引き続き、南米神宮の逢坂和男宮司が導師を勤め、翌年の皆の健康と繁栄を祈って神事が執り行われた。
 神事を終えてテープカットを行うと、歩行者向けに新たに舗装されたガルボン・ブエノ通りを太鼓演奏の先導により、中央舞台へと向かった。式典では藤本哲也第一副会長、中前隆博在聖総領事、林まどか文協副会長、菊地義治援協会長らが出席した。
 羽藤ジョージ聖州議は「今年は皆にとって厳しい年だった。来年は雇用がたくさん創出され、汚職がもっと少なくなるよう願いたい。よいクリスマスと新年をお迎え下さい」と挨拶した。
 その後、複数の団体から構成される迫力ある太鼓演奏や阿波踊りが広場で披露されるなか、熱狂を帯びた来場客が広場を囲み、大歓声が上がった。翌年の皆の幸せを願い菊地会長が乾杯の音頭を取ると、17年がよい年となるよう来場客も一体となって年末を祝った。
 初日は夕方から大雨に見舞われたが、2日目は終日晴天となり、メイン舞台で開かれる様々な余興や、通りに開かれた屋台で日本食を楽しみ、大いに賑わいを見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 抗議デモ=日系人も「汚職けしからん!」=パウリスタ大通り20万人声あげる=子や孫のため国良くすべき2016年12月6日 抗議デモ=日系人も「汚職けしからん!」=パウリスタ大通り20万人声あげる=子や孫のため国良くすべき  汚職政治への鬱憤を爆発させた約20万人(ブラジル自由運動=MBL発表、軍警発表では1万5千人)の市民が4日、サンパウロ市パウリスタ大通りに参集し、抗議の声を上げた。シャペコエンセ搭乗機墜落事故で国中が悲嘆にくれるなか、連邦議会で先月30日の真夜中に採決された「汚職防止法案 […]
  • 伯陸軍=松田ユタカ氏、中将に昇格=「現役で3人同時」は初2018年3月29日 伯陸軍=松田ユタカ氏、中将に昇格=「現役で3人同時」は初  伯陸軍の松田ルイ・ユタカ氏(57、三世)が、31日に公表される連邦政府の官報で、中将に昇格することが明らかとなった。日系中将としては歴代4人目。現役日系中将は、岡村アンジェロ氏、池田隆蔵氏と合わせこれで3人。かつて日系陸軍中将が3人も同時に在籍したことはない。  沖 […]
  • 一気に流動化した政局2016年12月3日 一気に流動化した政局  2日、エスタード紙経済面にオデブレヒト社の謝罪広告が出ていた。それを見ながら考え込んだ。「司法取引が成立したワケだ。これで政局は次の局面に移った。これからがテメル政権の本当の正念場、〝浄化の時〟だ」と実感した。200人とも言われる汚職政治家の名が来年早々にも暴露され、次々 […]
  • シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ2016年12月6日 シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ  11月末コロンビア、メデリン近郊で起きた搭乗機墜落事故で死亡した、サッカーチーム、シャペコエンセの選手たちの遺体が今月の3日、サンタカタリーナ州シャペコー市に搬送され、ホームスタジアム、アレーナ・コンダーで追悼式典が行われたと、4、5日付現地紙・サイトが報じた。  この […]
  • ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると2018年4月3日 ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると  ドリアという男は野心家だとつくづく感じる。現サンパウロ市長のジョアン・ドリア氏(PSDB)のことだ。昨年末から日系社会代表と110周年事業に関する会議を行い、「市長と4回も会議をやって何の具体的な事業の提案もしてこないのか」と嘆き、「貴方たちはジャポネースじゃないみた […]