ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も2016年3月29日 サンパウロ州水問題=罰金とボーナス5月に廃止=危機終息は時期尚早の声も  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(PSDB・民主社会党)の「水危機収束宣言」から3週間もしない内に、サンパウロ州水道公社(Sabesp)が、水を節約した消費者への料金割引と、過剰に消費した場合の罰金を5月から廃止することをサンパウロ州上下水道エネルギー規制機関(Arse […]
  • カンタレイラ水系のジャグアリ貯水池(Luiz Augusto Daidone/Prefeitura de Vargem)2015年1月24日 大サンパウロ市圏=水不足の影響多方面に=過剰消費の追徴金上昇か=消えぬ給水制限の可能性  サンパウロ州の水不足は、各水系の貯水量低下や水道代の上昇にとどまらず、断水や給水制限の可能性の高まり、電力問題まで、複合的な影響を引き起こしていると、23日付伯字各紙が報じている。 サンパウロ州水道公社(Sabesp)新総裁ジェルソン・ケルマン氏は21日付フォーリャ紙で、 […]
  • サンパウロ市議会=水不足問題のCPI発足へ=PTとPMDBが協力2014年8月8日 サンパウロ市議会=水不足問題のCPI発足へ=PTとPMDBが協力  サンパウロ市市議会は6日、カンタレイラ水系の水不足問題に関し、サンパウロ水道公社(Sabesp)を相手取った議会調査委員会(CPI)を発足する提案を賛成多数で可決した。7日付伯字紙が報じている。 この提案は、10月の知事選にも出馬するラエルシオ・ベンコ市議(人間主義連帯党 […]