ホーム | 日系社会ニュース | 日系人苦難の歴史継承=2月、米首都で特別展

日系人苦難の歴史継承=2月、米首都で特別展

 【ワシントン共同】米首都ワシントンのスミソニアン米国歴史博物館が、第2次大戦中に米国で「敵性外国人」として強制収容された日系人の歴史を継承する特別展の準備を進めている。強制収容につながった大統領令から75年となるのに合わせ、来年2月17日から一般公開予定。同博物館で日系人の歴史に関する単独展示は2004年以来で、トランプ次期大統領の下で拡大が懸念される排外主義を問い直す契機にもなりそうだ。
 特別展は、18年2月までの1年間。同博物館の一角に、旧日本軍が真珠湾を攻撃した翌年の1942年2月19日にルーズベルト大統領が署名した「大統領令9066号」の原本や、収容された日系人が施設で強いられた生活を示す写真など100点余りを展示する。
 米兵として出征した息子の無事を祈る日系1世の女性たちが縫った千人針や、米国への忠誠を証明するために入隊した人が着ていた米軍の制服など、二つの国家のはざまで戦時を生きた日系人の苦悩を象徴するような品々もある。
 学芸員として特別展に参加している福岡県出身の実藤紀子さんが「日系人が体験した過酷な状況を伝えたい」との思いから、日系人団体などと意見交換を重ねながら準備してきた。
 同博物館には米国内だけでなく世界各国から年間約450万人が訪れる。西部ユタ州で収容所生活を経験し、特別展に賛同しているメアリー・ムラカミさん(89)は「大統領の署名一つで私たちの権利が奪われた。米国人だけでなく世界中の人にそんな歴史を知ってほしい」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に2019年6月8日 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に  在ブラジル日本国大使館の山田彰大使は今月6日にブラジリアで、ブラジルの国連難民高等弁務官事務所のジョゼ・エガス代表と「ベネズエラ難民・移民人道支援計画」の書簡の交換を行った。これにより、日本政府がベネズエラからの難民・移民が流入しているブラジルに対し、最大4億1700万円の無 […]