ホーム | コラム | 樹海 | この1日を精一杯生きる

この1日を精一杯生きる

 新年早々、悲しい知らせが駆け巡る今年、携帯電話の通信ソフトでも2日、親戚の葬儀があって新年の挨拶が遅れたと詫びた人がいた。グループの仲間が慰めの言葉などを贈ったのはもちろんだが、その中に「明日の事は誰にも分からない。今日を精一杯生きよう」と呼びかけた人がいた▼ドイツでは年末、クリスマスマーケットにトラックが突っ込むテロ事件が起きたし、ブラジルでは年越しの祝いの席に乗り込んだ男性が、元妻と息子ら12人を射殺後に自殺という事件が起きた。サンパウロ市ではクリスマスに、男性2人に暴行されかけた女装の男性を助けようとした露天商が殺された。アマゾナス州の刑務所では1~2日に60人殺害(多くの遺体は斬首や切断、炭化)という惨劇も起きた

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「時が来ると実がなる」事を信じたい2019年9月5日 「時が来ると実がなる」事を信じたい  日本の友人がフェイスブックにプルーンの実の写真と、「時が来ると実がなる」との言葉を載せた。それを見、弊社で日本語の研修をし、北海道で国際交流関係の仕事をした後に帰国、ブラジルの公文本社で勤務している三世の男性から「公文の社長は誰も切らない」と聞いたのを思い出した▼近所の公文の […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 全てはタイミングと協調の問題2019年8月30日 全てはタイミングと協調の問題  伯国がアマゾン森林火災問題で良くない意味で世界に注目された1週間だった。これに関し、世界の世論の大方は「火災の原因となる森林伐採を増加させた伯国が悪い」と見ているが、伯国内を見ていると「昔の労働者党(PT)政権の方が伐採が多いのに今なぜ」「森林伐採は本当に悪いことなの […]
  • 開発行為と森林火災が先住民保護区を破壊2019年8月29日 開発行為と森林火災が先住民保護区を破壊  8月に入って急増中の法定アマゾンなどでの森林火災は、従来は伐採が禁じられていた所でも起きている▼一例はアマゾナス州南部のテニャリン族の部落だ。国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)やシコ・メンデス研究所(ICMBio)と連絡を取り、保護区全域を監視していたのに、2 […]