ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 10日連続で体感温度40度超=リオ・デ・ジャネイロ市で記録的な猛暑が続く

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布2020年2月21日 リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布  子どもと青少年のための財団(FIA)は、20日と21日の午前9時~午後3時にリオ・デ・ジャネイロ市の中心部にある長距離バスターミナルで、「行方不明の子供SOSプログラム」の一環として、子供が迷子になった時に誰の子かを識別するためのブレスレットの配布を行った。このブレスレットに […]
  • サンパウロ市カーニバル=5人が刺され、内1人死亡=逮捕者は1500人以上2020年2月27日 サンパウロ市カーニバル=5人が刺され、内1人死亡=逮捕者は1500人以上  サンパウロ市のカーニバル期間中、同市内ではカーニバル絡みの事件で5人が刺傷事件に巻き込まれ、内1人が死亡。さらに1500人以上が逮捕されたと、26日付現地紙が報じている。  23日22時30分~24日20時20分の間に、サンパウロ市のカーニバルの中心地である中央部と西部にお […]
  • 《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す2020年1月7日 《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す  ブラジルは今が夏の盛りだが、そんな中、ビール味のアイスキャンディーが発売されることになり、話題を呼んでいる。  ブラジルは南国らしく、アイスキャンディーも、マンゴーやパッション・フルーツなど、他の国ではなかなか楽しめない味を満喫できるが、それでも、ビール味のアイスキャンディ […]
  • リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に2020年1月7日 リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に  ブラジル・ホテル業者会リオ州支部(ABIH―RJ)によると、リオ市では、年末年始にかけてのホテルの客室占有率が例年以上に高かったという。  アウフレッド・ロペスリオ州支部長が3日に明らかにしたところによると、大晦日のイベントが開催され、290万人が繰り出したコパカバーナでは […]