ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』446号が12月に刊行された。《大君の退位問わるる菊館》(林とみ代)は「祖国の今」と言う重みを秘めた句だ。《きれい好きの母を想いて墓洗う》《蛍舞ひ母が近くに居る如く》(伊藤きみ子)の連作には惹きこまれる何かが感じる。《妻看取り窓に見上げる春の星》(青木駿浪)は状景が目に浮かぶ。《教会の尖塔あかねに黒母の日》(松原本信)は「アパレシーダの祝日」を詠んだブラジルらしい作品。《師の棺重さ忘れず年腹忌》《晩節を大事に生きん梅酒飲む》(星野瞳)は、あと一歩で百寿に到達という深い心境を詠んだもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月6日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』346号が先日届いた。《長らへて恋人の日や共白髪》(中馬淳一)は今年の12日を目前にして、最高の作品。《悪口は聞こえぬふりで実万両(みまんりょう)》(高橋紫葉)も意味深な句。実万両はヤブコウジ科の常緑低木。「万両」というたくさんのお金をイメージさせる名前で、正月用 […]
  • 大耳小耳2019年6月5日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]
  • 大耳小耳2019年5月31日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』4月号を見ていたら、ブランド総合研究所の「都道府県出身者による郷土愛ランキング」では16年度の愛着度部門で47都道府県中、岐阜県は45位、18年度は44位なんだとか。そんな郷土愛の危機、由々しき事態に対して、長屋充良会長が《提言「第1回岐阜県人世界大 […]
  • 大耳小耳2019年5月29日 大耳小耳  最近本紙でも座談会を連載した「終活」だが、本日午後1時から援協本部ビル(Rua Fagundes, 121, […]