fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』446号が12月に刊行された。《大君の退位問わるる菊館》(林とみ代)は「祖国の今」と言う重みを秘めた句だ。《きれい好きの母を想いて墓洗う》《蛍舞ひ母が近くに居る如く》(伊藤きみ子)の連作には惹きこまれる何かが感じる。《妻看取り窓に見上げる春の星》(青木駿浪)は状景が目に浮かぶ。《教会の尖塔あかねに黒母の日》(松原本信)は「アパレシーダの祝日」を詠んだブラジルらしい作品。《師の棺重さ忘れず年腹忌》《晩節を大事に生きん梅酒飲む》(星野瞳)は、あと一歩で百寿に到達という深い心境を詠んだもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える2020年10月14日 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える  12日、新型コロナの影響下で迎えた、ブラジルの守護神ノッサ・セニョーラ・デ・アパレシーダをたたえる祝日は、聖堂に集まる人の数も激減し、例年とはまるで異なる光景となった。  コロナ禍の中でのミサは、座席同士の間隔をあけた上、バラの花を置いて座っても良い場所を示すという […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ2020年10月7日 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は10月12日(月)に「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」のため休館する。 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界2020年8月28日 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界  ブラジル中西部のゴイアス市に近いアパレシーダ・デ・ゴイアニア市で22日、新型コロナウイルスに感染して入院加療中だった老夫婦が、連れ添うようにわずか5時間差で亡くなった。  ジョゼ・バジリオ・デ・フレイタス氏(83)とクストジア・ラウレアナ・デ・フレイタス氏(79)は […]