ホーム | 日系社会ニュース | 今日のお言葉=Voo da Galinha=めんどりの飛翔

今日のお言葉=Voo da Galinha=めんどりの飛翔

卵を温める雌鶏。今年は飛ぶ?

卵を温める雌鶏。今年は飛ぶ?

 言葉そのものの意味はズバリ「めんどりの飛翔」。つまり「飛び上がっては見るが、すぐに地面に落ちてしまう」=「大したことではない」を意味します。
 この言葉がクローズアップされたのは、スイスのダボスで開かれている「世界経済会議」に出席しているブラデスコ銀行のルイス・トラブッコ総裁が、記者にこう語ったからです。
 「ブラジル経済は2018年半ばには成長軌道に戻る。この経済回復はVOO DA GALINHAの様に直ぐ終わるものではない(要は「本格回復だ!」という意見)」というものです。
 おりしも日本では、今年は「トリ年」。ブラジル経済も『めんどりのひと飛び』で終わるのでなく、アンデス山脈を飛び越えるコンドルの様に、高く、悠々と、羽ばたいて欲しいものですね。(駒形)

image_print

こちらの記事もどうぞ