ホーム | 日系社会ニュース | 「激励メッセージに感激!」=達増岩手知事から県人会へ

「激励メッセージに感激!」=達増岩手知事から県人会へ

岩手県知事メッセージ

岩手県知事メッセージ

 「クアレンテーナ(検疫)の影響で予定していたイベントや太鼓チームによる会館利用などが中止になり、県人会の収入が無くなり、支払いに頭を悩ませる日々です。そんな中、こういった県知事からのメッセージを戴くと本当に嬉しい気持ちです」――ブラジル岩手県人会会長の千田曠曉(ちだひろあき)さん(一世)は、そう感激した様子で語った。

 辛いコロナ禍の真っ最中、達増拓也知事から届いた県人会への激励メッセージは以下の通り。
     ☆

達増拓也岩手県知事

達増拓也岩手県知事

 新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るい、各国において外出制限や学校の休校などの措置が講じられている状況にあります。岩手県人会の皆様の活動や日常生活にも様々な影響が生じているものと推察しております。
 現下においては、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止することが喫緊の課題であり、世界の人々が共に手を携え連携して対処していくことが必要です。
 日本国内でも新型コロナウイルスへの感染者数が日々増加し続けており、岩手県においても県民の社会・経済活動に多大な支障をもたらしていることから、引き続き感染防止対策に努め県民の命と健康を守ることを最優先にしつつ、社会・経済への負の影響を抑えるための対策を講じているところです。
 新型コロナウイルス感染症が1日も早く終息し、日常生活や国境を越えた往来が再開され、岩手県人会の皆様とふるさと岩手との交流を更に深めることができるよう、この困難な状況を共に乗越えていきましょう。
 令和2年5月1日
 岩手県知事 達増拓也

 

□大耳小耳□

    ◎

 ブラジル岩手県人会の千田会長は現在、一昨年から制作中の『岩手県人会60周年・岩手県人移住100周年記念誌移住者名簿』を調査・執筆するため、会館に毎日出勤しているという。「図書室も使えますよ。シャッターは閉まってますが、入り口で呼び鈴を鳴らしてくれれば開けます」とのこと。ちょっとした気晴らしに、図書室に日本語の本を借りに行くのもいいかも。ただし、マスクをして気をつけて。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ