ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(72)

道のない道=村上尚子=(72)

 この日、父は車庫の屋根に登っていた。その近くに居た私のすぐ側で「ドサッ!」という音と共に、父が落ちてきた。車庫といっても二メートル以上の高さである。とっさに見上げると、屋根が破れて、ぽっかり穴が開いている。私は地面に倒れた父に、飛びかかって抱いた。
「何ちいうことをしたかね! ばかが!」
 動揺している私が、あの怖い父を叱りつけている!
「うぉーん! うぉーん!」
 私は父を抱きしめて泣いたーやがて父は起き上がった。
「どっこも怪我はしとらんかね?」
「うん……」
 父は照れくさそうに、まるで幼児が母親に叱られたような姿で、自分の室へ戻っていった。父に対して、私自身、こんな感情があったとは、不思議なことであった……後で壊れた車庫の事件を琴子に話すと「あの時、私車の中にいたんよ。もうちょっとで、車を出そうとした時、じいちゃんが落ちてきた……」間一髪であった。
 父は一旦、車に体が落ちてから、地面へと落ちたのだった。動転していた私は、娘のことは気付かなかった。 
 
    父  の  病   気

 父と暮らし始めて、六年の歳月が流れた。
「のどが痛む……」と父が言う。
 がまん出来ないらしいので、病院で診てもらうと、医者にいきなり末期の癌だと言われた。喧嘩していた弟の卓二が、ちゃんと父に病気のための保険をかけてくれていた。パウリスタ通りの裏にある「オズワルド・クルース」という病院へ入院した。すぐに喉の手術をして、もう口から食事をしなくていいように、腹に穴を開けた。そこから流動食を流し込むために、細い管を突っ込んである。これは父が死ぬまでその状態で、寝起きした。

 時々、医師が家に帰してはくれるが、又すぐ入院となる。父は喉を手術したため、声は出ない。彼が何か話したい時は、筆談となった。そのうち彼は体の不調を訴えるようになり、特に足をマッサージした。又、父は流動食なので、自宅にいる時は便がカチカチになり、排便が出来なくなって来たのである。私はとっさに思いついて、石鹸水を注射器で、下から入れた。思った通り、灰色のポロポロしたのが出た。人工食なので匂いもない。とはいっても、あれほど威張りちらしていた父にとって、これがどんなに惨めなことか想像が出来る。
「お父さんのは、ひとつも気持ち悪くないばい」
 と私は言って聞かせた。父は穏やかな顔のなかにも、やはり複雑な表情が混じっていた。彼には今、自分に起こっている、この症状で何の病気なのか、絶対に尋ねようとはしない。これは最後までであった。きっと分かっていたのだ…… 私は何かと忙しくなって来た。父はまだ、家の中は歩いて回っている。私に手まねで言っている。
「碁を打とう」「あとで……」
 すると父は、それから三日間ふくれた。私はやっと時間を作って、
「お父さん、碁を打とう」
 と呼びかけても、そっぽを向いている。
「お父さん! どうして打たんと?」
「打ちたくないなら、打ってくれんでもいい!」
 と紙に書いた。
「ごめん! 打ちたくないんじゃないとよ。忙しかったき……」
 と彼の機嫌をとって、碁の相手をした。まだこの頃の父は、碁を打つ元気が残っていた。
 私はその彼の姿を眺めながら、遠い昔を思い出していた……。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 子供の園カラオケ大会=740人がのど競う2003年1月8日 子供の園カラオケ大会=740人がのど競う 1月8日(水) […]
  • 保健省=小頭症とジカ熱の関係確認=疑い含む症例数1248に2015年12月1日 保健省=小頭症とジカ熱の関係確認=疑い含む症例数1248に  保健省が11月30日に、同月28日までに確認された小頭症の症例は、疑いのあるものも含めて1248となったと発表したと同日付各紙サイトが報じた。 小頭症とジカウイルス(ジカ熱)の関係は北東伯での小頭症児急増が確認された時点で言われ始めていたが、セアラー州で誕生後に死亡した小頭症 […]
  • 政府が財政調整案再提出=同じ内容で法案の形とり2015年3月24日 政府が財政調整案再提出=同じ内容で法案の形とり  連邦政府が20日、レナン・カリェイロス上院議長が2週間前に差し戻した、財政調整のための暫定令(MP)を、同じ内容の法案(PL)の形で再提出したと21日付伯字紙が報じた。 MP669号は、給与支払い時に納める社会保障関係の納付金の割合を、収益の1%だった業種(工業関係)は2 […]
  • コラム オーリャ!2013年1月31日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年1月31日付け  近々南米安田会社がマリチマ・セグーロ社を子会社化するにあたり、両社の幹部が詳しい説明のため来社した。その折に業界の裏話を聞いたところ、自動車の盗難件数は日本と比べると、なんと〃20倍〃も高いという。 […]
  • やすらぎホーム=6千本が開花待ち!=「つつじ祭り」、7日2011年8月2日 やすらぎホーム=6千本が開花待ち!=「つつじ祭り」、7日 ニッケイ新聞 2011年8月2日付け  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が経営する「やすらぎホーム」(洲崎順経営委員長)の『第33回つつじ祭り』が7日午前9時から、同ホーム(R. Anesio Ruivo, 377, Sitio Sao […]