ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ベネズエラで取材中のブラジル人逮捕=すぐに釈放され帰国を果たす

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか2019年1月29日 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか 親米勢力VS反米勢力  「一つの国に二人の大統領」――ベネズエラは異常事態に陥っている。  しかも、『グアイド暫定大統領側』(国民議会議長)には米国を盟主とする汎米諸国(ブラジルなどリマグループ)や英仏独などのEU主要諸国、『マドゥーロ大統領』の側にはロシア、中 […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]
  • 東西南北2018年5月5日 東西南北  本日報じた、連邦議員の裁判特権(FP)は、ラヴァ・ジャット作戦以降、政治家の汚職が注目されたことで、廃止を求める動きさえある。FPはそもそも、軍事政権時代の名残によって生まれたもので、政治家が不当な理由で逮捕され、政治生命を脅かされるのを防ぐためにできたものだ。幸いにして、1 […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表するサンパウロ州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど […]