ホーム | コラム | オーリャ! | 規格外のカメラマン、高野ミケランジェロさん

規格外のカメラマン、高野ミケランジェロさん

 先日プロのファッションカメラマン、高野ミケランジェロさんが来社した。華々しい職業だが、有名になるのは難しい業界であり、正に「狭き門」を通ってきた人だ。
 取材中に話題を絶やさず、年齢は答えない。「ファッション」というセンスが一番の業界では、場合によっては年齢によって狭き門から弾き出されてしまう危険性があるそうだ。
 しかし高野さんの明るい人柄、尽きない話題は日本に住む日本人からは「ブラジル人」として親しみやすいだろう。「ブラジルはどんな国か」と聞かれて、「行けばわかるよ」と答えるような掴み所のない、「規格外」的な面白さを持つ。
 日本では暴動や治安の悪さという嫌なイメージが強いブラジル。高野さんのように両国間を軽々と行き来するような人が、明るい写真で多様な面を持つブラジルを日本に伝えて欲しいと思った。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2012年6月7日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2012年6月7日付け  土曜日(9日)  カンピーナス日本祭り、午前10時、文協会館(Rua Camargo Paes, 118, Jd. Guanabara)。日曜日も  日曜日(10日) […]
  • 福嶌総領事、オザスコに=前、現市長とも懇談2013年2月20日 福嶌総領事、オザスコに=前、現市長とも懇談 ニッケイ新聞 2013年2月20日  在聖日本国総領事館の福嶌教輝総領事が11月28日、就任のあいさつのためサンパウロ州オザスコ市を訪れ、同地文協や商工会議所、日本庭園のあるシッコ・メンデス公園や市長の表敬訪問を行った。 […]
  • 個人向け保健プラン促進=無駄な検査の省略も検討2015年2月6日 個人向け保健プラン促進=無駄な検査の省略も検討  保健省が今年の下半期までに患者への対応の仕方の変更や健康保険分野の再編成のための方策を打ち出す予定であると、5日付フォーリャ紙が報じている。 保健省の目的は会社や組合に所属していない個人への保健プランを充実させることで、5千万人に影響が及ぶ見込みだ。 保険会社は収益性が低 […]
  • CPTMで未明の悲劇=作業明けの3人が死亡2011年11月29日 CPTMで未明の悲劇=作業明けの3人が死亡 ニッケイ新聞 2011年11月29日付け  27日未明、パウリスタ都電公社(CPTM)の線路を歩いていた3人の作業員が、始発電車に轢かれて死亡する事故が起きたと28日付伯字紙が報じた。 […]
  • 東西南北2018年1月11日 東西南北  10日付のフォーリャ、エスタードの両紙の表紙は、共に同じテーマによるものだった。それは、9日午後行われるはずだったクリスチアーネ・ブラジル氏の労働相就任式の会場の写真で、キャンセルにより人は誰もおらず、写っているのは掃除夫ただひとり、というものだ。この写真を見ていると、同氏の […]