ホーム | 日系社会ニュース | 軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む

軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む

(左から)野村市議、平崎会長、セルジオ陸軍大臣、中前総領事、マウロ総司令官

(左から)野村市議、平崎会長、セルジオ陸軍大臣、中前総領事、マウロ総司令官

 ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)とリベルダーデ友好協会(平崎靖之会長)は先月16日夜、陸軍南東部宿舎にて新年会を開催した。陸軍関係者や県人会会長ら60人近くが駆けつけ、懇親を深めた。
 サンスイ社で社長補佐を務める平崎会長が、その生業から軍上層部の日系人を中心に、10数年に及んで広く交友関係を築いてきた。昨年は〃伝説の日本兵〃小野田寛郎氏の功績を称え、陸軍図書館から伝記出版されるなど、陸軍と日系社会との交流を深めてきた。
 そんななか初開催となった新年会では、セルジオ・ウェストファーレン大統領府安全保障室大臣をはじめ、マウロ総司令官ら将官5人を含む40人近くの軍関係者に加えて、日系社会からは、中前隆博在聖総領事、野村アウレリオサンパウロ市議、県人会会長ら20人近くが出席した。
 平崎会長、中前総領事、野村市議に続き、マウロ総司令官があいさつ。昨年まで南東部で参謀長を務めた池田隆蔵陸軍少将との交友関係に言及した上、「日系社会からたくさんの皆様に参加して頂き、ともに新年を祝うことができ大変嬉しい」と乾杯の音頭を取ると、関係者らはブッフェに舌鼓し、歓談を楽しんだ。
 参加した市川利雄富山県人会長は、「軍人は体力だけでなく、知力が問われる時代。入隊してくる若者の教育レベルの低さに悩む声もあった」と普段聞けない話に興味津々の様子。また、「昨年の日本祭りでは、陸軍から空手披露に参加してもらった。今後も、色々な交際関係が発展していけば」と期待を込める。
 松村滋樹鹿児島県人会会長も、「九州ブロックでは、南東軍指令部の運動場を借りて、運動会をやっている。きちんとルールを守っているからこそ信用を頂き、お借りできている」と軍部との交流を語り、「日本食が健康によいということで、話が色々広がった」と顔が綻んだ。
 ブッフェに加え、ピラルクー愛好会長でもある平崎会長の着想でピラルクーが振舞われたほか、川合昭秋田県人会長は地酒である高清水を持参。また、小野田さんの伝記の即売も行われ、出席者にはいけ花協会のカレンダーを配布するなど、日系社会への関心を高める機会ともなった。
 「軍部でも日系人の将官が活躍して、認められているからこそできている」と平崎会長は喜びを見せ、「来年の新年会ではぜひお雑煮を振舞って、日本食にも親しんでもらえれば」といった期待があちこちから漏れた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」をサンパウロ市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]