ホーム | コラム | 樹海 | サンパウロ州モジ市=多くの人の心に残る生き様

サンパウロ州モジ市=多くの人の心に残る生き様

 「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」―。これは、アルバート・アインシュタインが残した名言だ▼世の中の基準なら、事業に成功し、巨額な富を得た人が成功者かもしれない。だが、何かあった時、多くの人が駆けつけて涙したり、感謝したりする人は、周りの人達に愛や励まし、感動、勇気などを与え続けてきた人だろう▼そういう意味で、4日に亡くなられたヒラノ・イツコさんは、価値ある人の一人に違いない。モジ・ダス・クルーゼス市在住という事もあり、最後にお見受けしたのは1月29日に同市で行われた紅白歌合戦だった。全体の動きに目を配り、台所と会場の間を行き来するのみならず、大会の最後に配る餅の準備も彼女の責任だったと聞く。各種の大会で司会も務める娘のマユミさん、孫のヒカルさんまで3代続く歌上手でもある▼コラム子にとっては、2年位前にサンパウロ市リベルダーデ区で開かれたカラオケ大会で「これから孫が歌うの」とそわそわしていたのを見たのが、母、娘、孫という関係を知った最初だった。だが、以前から彼女を知る人は、歌は上手いし料理上手、すばらしい母であり祖母、縁の下の力持ち等々の賛辞を惜しまない▼歌い手としての名声や料理の腕前は彼女の努力の賜物かもしれない。だが、多くの賛辞は彼女が文協(文化協会)などの活動に積極的に関わり、与えてきたものを見た人々が与えた評価だ。残念ながら、個人的な交わりはほとんどなく、人となりも余り知らない。だが、多くの人がその死を惜しみ、「これからはあそこに行っても彼女には会えないんだね」などと言う言葉に、人柄が偲ばれる。今は安らかな眠りと遺族への慰めを祈るのみだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]