ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | パラグアイ=24日未明に1億レアル(35億円相当)規模の強盗=同国史上最大規模の被害=犯人はブラジル人の可能性濃厚

パラグアイ=24日未明に1億レアル(35億円相当)規模の強盗=同国史上最大規模の被害=犯人はブラジル人の可能性濃厚

イグアスの滝のあるフォス・ド・イグアス市は、ギャングの温床と化している。(Itaipu Binacional)

イグアスの滝のあるフォス・ド・イグアス市は、ギャングの温床と化している。(Itaipu Binacional)

 ブラジル南部パラナ州フォス・ド・イグアス市と国境を接する、パラグアイはアルト・パラナ県の政庁所在地、シウダ・デル・エステ市で24日未明、少なくとも30人の武装集団が現金輸送会社のプロセグール社を襲撃。金庫を爆破し、少なくとも4千万ドル(1億2千万レアル相当、その後被害額は「確認中」に変更)の現金を奪い、ブラジルに逃亡した疑いもあると、同日付ブラジル国内サイトが報じた。
 パラグアイのメディアは、これは同国史上最大規模の強盗事件だと報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ