ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル人女性研究者=「影響力のある100人」に、ネイマールと共に選出=ジカウィルスと小頭症の研究が認められ

ブラジル人女性研究者=「影響力のある100人」に、ネイマールと共に選出=ジカウィルスと小頭症の研究が認められ

タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたブラジル人科学者セリーナ・トゥルシ氏(Ascom Fiocruz PE)

タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたブラジル人科学者セリーナ・トゥルシ氏(Ascom Fiocruz PE)

 米国タイム誌の発表した、「世界で最も影響力のある100人」に、サッカーのブラジル代表ネイマールと並んで、ブラジル人女性研究者が選出されたと、25日付現地サイトが報じた。

 その女性はセリーナ・トゥルシさん。ゴイアス市出身で、現在はペルナンブッコ州にあるオズワルド・クルス財団の客員研究員だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ