ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》上院が「フォロ・プリヴィレジアード」(FP)廃止の憲法改正法案(PEC)初回承認=ラヴァ・ジャット政治家の裁判にも影響=職権濫用法案も同時に進行

《ブラジル》上院が「フォロ・プリヴィレジアード」(FP)廃止の憲法改正法案(PEC)初回承認=ラヴァ・ジャット政治家の裁判にも影響=職権濫用法案も同時に進行

26日の上院(Lula Marques/AGPT)

26日の上院(Lula Marques/AGPT)

 上院で26日、二つの投票が行われ、三権(司法・立法・行政)の要職者の裁判での特権などを保障した「フォロ・プリヴィレジアード」(以下FP)廃止と、検察官や裁判官なども含む公職者に対する「職権濫用禁止法」の二つを可決した。27日付現地紙が報じている。
 FPとは、連邦議員や連邦裁判所、連邦政府の要職に就いている人たちが裁判に巻き込まれた場合は、地裁や高裁での裁判を免除され、最高裁のみが扱い、州知事などの場合は高裁以上で扱うといった特別措置で、全国で3万5千人ほどがFPの対象となっている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ