ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ州サウチーニョ=中絶断った女性殺される=会社の上司が犯行認める

サンパウロ州サウチーニョ=中絶断った女性殺される=会社の上司が犯行認める

 サンパウロ州内陸部のリオ・ダス・ペドラス地方のサトウキビ畑で26日、24日から行方不明となっていたサウチーニョ市在住のデザイナナー、デニーゼ・ステラさん(31)が絞殺体となって発見され、会社の上司のクリスチアノ・ロムアウド容疑者(39)が犯行を認めた。

 警察によると、ロムアウド容疑者は服飾会社の上司で、妻もいたが、妻に隠れてステラさんと付き合っていた。ステラさんは妊娠2カ月で、子供の父親はロムアウド容疑者だったという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ