ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオデジャネイロ市=犯罪組織同士の抗争激化=市北部でバス9台焼き討ち=治安維持部隊の派遣決まる

リオデジャネイロ市=犯罪組織同士の抗争激化=市北部でバス9台焼き討ち=治安維持部隊の派遣決まる

オスマル・セラーリオ法相(Fábio Rodrigues Pozzebom / Agência Brasil)

オスマル・セラーリオ法相(Fábio Rodrigues Pozzebom / Agência Brasil)

 リオデジャネイロ市北部のファヴェーラ、シダーデ・アウタで2日、犯罪組織同士の抗争が起き、バス9台とトラック2台の焼き討ちなどが起きたが、警察は45人を逮捕、大量の武器も押収したと3日付現地紙が報じた。
 幹線道のブラジル大通り沿いにあるファヴェーラでの抗争は、昨年10月にファヴェーラを追い出されたコマンド・ヴェルメーリョ(CV)と、支配権を保持しようとする第3純血コマンド(TCP)によるものだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ