ホーム | コラム | 樹海 | 「奴隷の呪い」とゼネスト

「奴隷の呪い」とゼネスト

5月1日、労働者の日のパウリスタ大通りデモの様子(Foto: Paulo Pinto / AGPT)

5月1日、労働者の日のパウリスタ大通りデモの様子(Foto: Paulo Pinto / AGPT)

 4月28日(金)朝、ゼネストを勝ち誇るように「サルネイ政権時にインフレ激増へ抗議した1980年代以来の大型ゼネスト」との仰々しい文字がならぶメールが、左派組合広報から送られてきた。かと思えば、反PT系言論人はテレビやフェイスブックで、「ストの名を借りた暴力沙汰。あれはストではなく、プロテスト(抗議行動)だ」「一部の組合が参加しているだけ。あくまでCUTらが自称する〝ゼネスト〟。本物のゼネストは欧州でやっている全部が止まる本格的なもの」など過小評価するコメントをならべていた▼どちらも一理あるが、共に極端な感じがする。この種の出来事のたびに「奴隷の呪い」という言葉を思い出す。たとえば日本には「島国根性」という言葉があり、地理的環境に加えて人為的に「鎖国」までした歴史が、いまの国民性を形作っている。ブラジルの場合、奴隷制度が長く残っていたことで、その裏返しとして「奴隷の呪い」のように過剰に労働者の権利を保護する国民性が生まれたのではないか―という気がする

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ルーラの処遇嘆くボリビア大統領=「大統領選に出馬させないためだ」2018年4月6日 ルーラの処遇嘆くボリビア大統領=「大統領選に出馬させないためだ」  ボリビアのエヴォ・モラレス大統領は5日、ブラジルの最高裁が4日の審理で、2審判決で有罪となったルーラ元大統領に対して刑執行を逃れるための人身保護令を適用しなかった事に関して遺憾の意を表明した。  エヴォ大統領は、今回の決定は「(10月に行われる)大統領選にルーラ氏が再出馬す […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演2016年7月30日 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が22日、サンパウロ市チヴォリ・サンパウロ・モファレッジホテルで開催された。ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)大学経済学部のヴェラ・エレナ・ソーステンセン教授を招待し、ブラジルの国際貿易におけるチャレンジをテーマに講演が行 […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、ブラジル代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠くブラジルは先発に前回大会経験者8人 […]